プロフィール

1967年11月新潟県柏崎生まれ

≪幼少期≫

  • 父はCGC老舗スーパー役員としてCGCグループ(新潟)創設に尽力。渥美俊一理論の信奉者
  • 幼少期より父に連れられスーパーの水産部門を見て回る。
  • 新潟ダイエーのレインボータワーにのるのが楽しみだった。
≪高校時代≫
  • 1986年当時はスポーツ校だった中越高等学園に入学。
  • 在学中野球部は2度甲子園に出場するが、応援にはいかず
  • サッカー部で一年からレギュラー
  • 椎名誠の「哀愁の町に霧が降るのだ」という本に出会い、その青春像にあこがれる
  • 椎名誠の友達の木村弁護士にあこがれ弁護士をめざす。
  • 明治大学法学部目指して、受験モード突入。
  • 現役時に東洋大学に合格するがなぜか経済学部だったのでもう一浪することにする。
《一浪時代》
  •  新潟市駅前の代々木ゼミナールで特待生として寮生活
  • さらに欲がでて早稲田、慶応の法学部をめざし猛勉強する
《大学時代》
  • 結局当初目指していた明治大学法学部に入学
  • 心理学研究部(サークル)に所属し、ユング・フロイトを学ぶ
  • 司法試験めざし、大学の法制研究所へ入室
  • このころ人生の師西村弘先生と出会う

≪司法浪人時代≫

  • バブル絶頂期にもかかわらず就職せず、司法浪人する
  • 結局28歳までつづけるも結果が出ずあえなく挫折
  • 傷心時に現役引退していた父にアメリカのスーパーマーケット視察に行かないかと誘われ渡米
  • そこで見たアメリカ(西海岸)のスーパーマーケットのダイナミックさに感動
  • 食の仕事が人々の生活に喜びと感動と健康に役に立てることに気づく
  • スーパーマーケット経営を目標にスーパーで働くことを決意
  • 西村先生のすすめで当時魚で評判のCGCグループ㈱ニュー三久へ就職
≪ニュー三久時代≫
  • 2年ほど青果部門、日配部門、酒部門を経験し、水産部門へ
  • 以来10年間 魚調理の技術、接客の技術、魚のおいしさを学ぶ
  • また店長も経験し店舗運営のむずかしさも学ぶ
  • 2010年1月「西村研究室 新プロジェクト」発足。参加。
  • しかし2011年ごろ㈱ニュー三久が経営難でCGCより資本支援
  • CGCより㈱ニュー三久に社長が送りこまれる
  • 2011年7月会社の方向性が大きく変わったため長年勤めたニュー三久退職
≪㈱リブネット時代≫
  • 2011年9月よりこれも西村先生の紹介で東京板橋の㈱リブネットにお世話になる
  • 2012年9月単身赴任が家族にとって難しい局面を迎えたため金沢に戻る
 ≪コープいしかわ時代≫
  • yahoo!ブログ「さかなのさ」をみた関係者より支援要請。
  • 2012年10月より店舗再建の要請を受けてコープたまぼこ水産へ
  • 順調に売り上げを伸ばし、以来3年連続2ケタ伸長
  • 2014年年末過去最高の売上を達成。
  • 2016年の今なお水産の売上は右肩上がりが続く。
現在石川県金沢市在住 妻と子供2人とばあちゃんの5人家族。