水産の教科書

みなさん こんにちは。

日々の水産業務ご苦労さまです。

水産部門ほど大変な部門はないですね。つくづく思う時があります。専門技術も必要ですし、数値管理も瞬時にこなさなくてはならない。人の管理も大変。

なによりも冬の冷たい水で魚をおろしたりカットしたり…。よほど魚が好きな人か辛抱強い人でなければつとまらないのではとおもうほどです。

一生懸命やっているのに水産のことについては店長も、会社の幹部ももちろん社長にしてもだれも内容を知らないからどんなに頑張っているかもわかってもらえない。

詳しいこと聞こうにも聞く人もいない。

そんな中で何か手がかりにして、また本当にこれが正しいのだろうか悩みながら水産業務を続けていらっしゃる人も多いのではないでしょうか?

おそらく今この記述を読まれている方はおそらく向上意識が高く、より自ら技術をブラッシュアップしたいと思っている方だと思います。

大手のナショナルチェーンなら教育システムも完備していていつでもわかないことを教えてくれると思います。

しかし、中小の企業ではしっかりした教育もないまま日々の業務に追われ基本的な教育もなされないまま、ただ時間だけが過ぎていく。

何も教えられないまま、自己流だけど何とかして行きたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

そんな上をめざして頑張る人にお役に立てればと思いこのサイトを立ち上げました。

この「水産の教科書」では基本的事項はもちろんのこと現場でよく起きる事柄を事例に挙げながらわかりやすく記述してあります。

 

・水産の基礎知識

・水産の商品知識

・水産の売場管理

・水産の商品管理

・水産の鮮度管理

・水産の在庫管理

・水産の計数管理

・水産の衛生管理