金沢で高知のぶりぬたをつくろう!

みなさんお元気ですか?

今年の金沢はほとんど雪も降らず過ごしやすい冬です。
路面凍結もほとんどないからとっても楽です。
といってもまだ安心はできませんね。あと一ヶ月はあのヒヤッとするおもいは注意しないと!
イメージ 13
昨日の金沢 内川運動公園 山のほうでもこれしか雪がないです
春蘭を探しに山へ出かけました。
新幹線もあともう少しで開業(3月14日)ということで金沢駅周辺もいろいろ整備されています。金沢の台所「近江町市場」も今からも賑わいをみせてるようです。のどぐろが飛ぶように売れているって!
金沢はもともと歴史があり、文化芸術の薫りも豊かで華がある街だから首都圏のいろんな人たちを楽しませてくれることでしょう。美味しいものにはお金を惜しまない土地柄でももあり、新鮮なお魚もいっぱいあるので都会の人たちもきっと満足してくれることでしょう!
逆にリッキーは東京へいきやすくなるから今から楽しみです!
ところでリッキーのお店で毎週一回開催している「無料公開おさかな調理教室」はまだ続いてますよ~!もう70回を超えました。ありがたいことになんだかんだお客さんがきてくれてます。ネタも結構たまりました。料理教室が1年通して開けるくらい。(笑)
最近はお客さんにも料理をしてもらいながら、実演とマイクパフォーマンスで楽しんでいただいてます。なによりも自分が楽しませていただいてます!公共の場ですみません!(笑)
で、今回は早めに準備できたので「さかなのさ」の皆さんにも先にごらんいただこうと思います。
今回のテーマは
「金沢で高知のぶりぬたを作ってみよう!」
です。
以前、人気TV番組「秘密のケンミンショー」でやっていました。
そのとき観た「ぶりぬた」が忘れなられなくて。
この「ぶりぬた」なんとか一度食べてみたいと思っていたんですね。
で、材料を手に入れようとしたら、大事な「葉にんにく」が金沢では手に入らないんです!今の時期だけ高知のほうで収穫されるとかで少なくとも金沢の市場には出回らないとのこと。
イメージ 2
「葉にんにく」 これはなぜか千葉産でした。
それでも農産バイヤーを説き伏せてなんとか仕入てもらうことができました。
あっ!やっぱりなんとかなるんだぁなんておもいながら
そして、どうせするなら無料公開調理教室でやろうということで今回の開催となりました。
ぶりを大量に消費する土地柄ならこの食べ方も絶対受けるはず とおもうんですが・・・。
では、さっそく「高知のぶりぬた」をつくってみましょう!
材料(4人前)
ぶり   ・・・  好きなだけ
葉にんにく  ・・・ 1/2束
白味噌  ・・・ 150g
米酢  ・・・ 大さじ5 (お好みで調整可)
砂糖  ・・・ 大さじ1 (お好みで調整可)
ゆず  ・・・ 果汁+刻み皮
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
〔用意するもの〕
イメージ 11
すりこぎとすりこぎ棒
こんなに大きくなくてもよいです。
〔作り方〕
1. まず、葉にんにくを細かく刻みます。
イメージ 7
2. 次にそれをすり鉢にいれで粒がなくなるまですりこぎですります。
イメージ 8
←この人するの上手だね!
「主婦ならこんなもんよ!」といいながらがんばってくれました。(笑)
3. そこに砂糖と白味噌をいれさらに攪拌します。
イメージ 9
にんにくの香りがしてきました!
4. さらに米酢とゆずを絞ってペーストをのばします。
ゆず皮を刻んでまぜました。
5. ぶりを切ります。普通にスライスすればよいです。
イメージ 12
←一応いっておきますがこれリッキーがきったんじゃないからね!
6.最後にすったペーストを「ぶりのスライス」にたっぷりかけて出来上がり!
イメージ 10
イメージ 1
で、食べてみると・・・、
これは旨い!旨い!旨い!
みんな口々に絶賛してました!
はじめて食べた「ぶりぬた」どうやら金沢の人の口にも合うようです。
味はというと、葉にんにくの香りと少しきいた辛味がぶりの生臭さが一気に消けしてくれます。ぶりと葉にんにくの相性抜群で、あとからふわっとくる上品なあまみがとっても心地よいですね!本当にこれは美味しいです。
やっぱり葉にんにくでないとダメな訳がわかりました!
これだけぶりを食べる土地柄だもん。この食べ方は絶対はやるね!
あとは「葉にんにく」をどうやって仕入れるかだけど・・・。それは農産バイヤーににまかせよっ!
こ~んな感じで明日もやってみようかなっておもってます。実際に試食もしていただきます。
お近くの方はぜひご参加くださいね。
※といいながら諸般の事情にかんがみ店舗の名称・所在地のご案内はweb上では公開しておりません。ご来店希望の方はゲストブックで声かけてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です