ぶりのアラの捌き方

がおいしい季節ですね!
ブリ大根最高!
ブリ大根はアラをつかうといいさらにおいしくなるのは皆さんもご存知ですね。
ブリ大根のレシピ等はすでにいろんなサイトで紹介されているので「ブリ大根 レシピ」で検索してみてください。

「さかなのさ」ではちょっと違った視点からブリアラの処理過程を紹介させていただきますね。
なかなかここから調理をする機会も少ないでしょうがご参考までに。

[ブリの頭の割り!] 

イメージ 5

丁度真ん中に軟骨の柔らかい場所があり、そこをまっすぐに包丁をおとせ(切)ればOK。

慣れないと左右対称になりません。

片刃だから力が入るとどうしても刃先が右のほうにずれていきます。意識的に刃を左に向けます。

できるだけ刃元を使ってくださいね。

皆さんこんなことやったことある?

いきなり過激な写真ですみません。
ちょっとその前に説明が必要ですね。
まずは頭を切り離したら下あごを外しておくのが一般的です。

[下あごを外す]
イメージ 6

大きいブリは片方ずつ口に包丁をいれて切ります。

←こんな感じで下あごをはずします。下あごは廃棄。

たらと違ってブリ下あごは食べるところないので処分します。

[鼻先を少しカット]
イメージ 7

包丁を入れやすいように先を少しカットします。

「固いものを切るときは押して切る」のが原則

ここでも押し切り。

通常魚は引いて切ることが多いですが固いものを切るときはやっぱり押して切ります。

※肉は押し切りが原則です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA