「こっぺ」ていう魚知ってますか?




こっぺの切身

こっぺ はコッペパンのコッペ でありません。魚の名前です。

面白い名前でしょ。魚の名前で金沢では生で売られよく食べられています。

北陸地方で呼ばれる名称でエイの一種です。写真のように灰色をしています。

」といえば北海道では「かすべ」という言い方をします。

新潟の実家で母がよく乾燥したものを1週間ほど水戻ししているのをよく見ました。煮付けて食べるのに柔らかくしていたんですね。

北陸地方棒鱈煮のようなものです。いずれも北前船の影響なんでしょうね。

いろんな言い方がありますね。

この「こっぺ」どうやって食べるかというと、金沢では生(乾燥していないもの)を煮付けて食べます。

ひれの先のなんこつがコリコリした食感で身はしっかり肉厚でとってもおいしいです。
意外と身が淡白でおいしですよ。ちょっと甘辛くしたほうがいいです。

えいは鮮度が落ちるとアンモニア臭がするといいますが、そういう経験はあまりしたことがありません。

こっぺの唐揚げ

また、この「こっぺ」唐揚げにしてレモンを絞って食べるとこれまた美味絶賛です。
身がふわっとしてなんこつがこりこりしてがたまりません。
金沢では「こっぺ」唐揚げがおいしいことはあまり知られていません。私が必死に宣伝しているのですが。食べた人には好評なんですよ!

えいの刺身も金沢の一部の地域で食べられています。私は食べたことがないですが、最初びっくりしました。「こんなものが刺身で食べられるのかぁ~」って。本当においしいのでしょうか。

参考記事 自分でさばいて刺身にしたい北陸の魚7選 5月下旬編

参考記事 なぜコープおおぬかの魚が絶大に支持されてこれだけ近隣の人たちを惹きつけるのか?魚が売れるのにはわけがある!

参考記事 いか刺しの美味しさと恐怖 〜アニサキス被害を防ごう!画像付き

参考記事 さんまの刺身の美味しさと恐怖 〜アニサキス被害を防ごう!第2弾 画像付き

参考記事 刺身にできる5つの条件自分で魚をさばくとき

参考記事 魚をさばく主婦にオススメな包丁がこれ!使いやすくて重くない洋包丁「藤寅作」

参考記事 正しい包丁の研ぎ方を教えて下さい キッチン編

商品紹介

主婦が包丁選びに迷ったらこれ! 洋包丁17cm藤寅作




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA