魚をお店に持ち込むといくらでさばいてくれますか?

今日は持ち込みのさかなを調理しました。

釣ったさかなを調理してほしいと見慣れないお客さん夕方大きいクーラーボックスをもってご来店。
店も暇だったので「どうぞ、いたしますよ」ということで調理することになりました。

持ち込みのさかなというのがこれ。

イメージ 1

オニかさごといっていましたが、正式にはなんという名称でしょう? WEB魚図鑑をみてもなんか似たようなカサゴが多いので特定できませんでした。

わかるひといたら教えてください。

イメージ 2

釣った魚は普通はごじぶんでさばく方が多いでしょう。
苦労しながらでも自分で捌くのが釣りのもう一つの楽しみなはず。お金もかけたくないし。

でも魚を見てわかりました。まだ活きていました。
活きている魚はおそらく少し魚料理をかじった人でも難しく、はちめ系はとくに頭でっかちで身が少ないため、なれない人がすれば身はグチャグチャになってしまいます。たべるところがなくなってしまうこともありえます。これは持ち込みたくなるのもわかるかな!

背びれなんかに毒ももっていそうだし。

イメージ 3

また、なかなか台所事情もあるので最近はこういう持ち込みの注文が増えています。

イメージ 4
イメージ 5

さかなのおろし方は基本的にはは一緒なので私たちにとってみればお安い御用ですが、みせが込んでいる時なんかは、お断りする場合があります。時間をいただいてほとんどはお受けしますが。

ところでこの調理、いったいいくらくらいで調理してくれるのでしょうか?

結論から言うと同じものをみせで「買ったのと同じくらいの料金」がかかるのではないでしょうか。
どこまで調理するかにもよりますが、決して安いものとは、いえないようです。

これは店によって様々で細かく料金表を作っているところもあります。ただ持ち込み調理は、魚屋の立場から言うと正直プラスアルファーの仕事ということで、頼みやすいとこと頼みにくいところがあるのが実情のようです。もちろん技術レベルの問題もありますが。
せっかく頼むならチャンとしてくれるほうがいいですね。

今回は1kgほどのの三枚おろし皮剥きだけだったので500円でした。他に柳はちめ(うすメバル)、黒ソイ、金頭もありましたが、お腹だしだけだったのでサービス無料にしました。

かなり格安のつもりでしたが、どうでしょう?ちなみに天然ぶり(8kg~)は調理料金3000円です。

イメージ 6

アラ残はおつゆ用に

でも釣った魚はやっぱりご自分でさばいたほうがいいのかな!

包丁をもてなくなった高齢のおばあちゃんが持ち込まれた時はもちろんよろこんで無料でもさせていただきますが・・・。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA