ねじらがれい 〜 舌平目をカレイにしたい理由

金沢の夏のおさかなネタをひとつ。

この魚みたことありますか?


















みためはグロテスクなさかな。















皮を剥いでから料理します。



【和名】
舌平目
ウシノシタ(クロ)

【金沢名】
ねじらがれい
夏がれい

舌平目は身質がきめ細かくヒラメらしい味わいが特徴。ムニエル・バター焼きがとってもおいしい魚です。フランス料理などの洋食に使われることも多いです。

ところがカレイ好きの金沢ではこの舌平目をどうしてもかれいにしたいようです。「ねじらがれい」といって。「ねじら」という言い方もかわってますが・・・それはさておき。
これはなぜでしょうか?

販売するお店の思惑が強く働いているとおもわれます。

もともと金沢もご年配の人が多い土地柄、魚好きの人もお年寄りが多いです。
夏によく揚がるこの魚も、洋風イメージの舌平目をそのまま呼んだら売れないということになります。田舎のお年寄が洋風の料理あまりしませんもんね。



ヒラメとえんどう豆のソースがけ

※フランス料理のイメージ










そこでこの舌平目をご当地名のねじらカレイとよんで販売します。カレイではあれば魚料理の基本「煮付け」でおすすめできます。「煮付け」ならお年寄りも喜んで料理します。実際煮付けでもおいしいです。



これは「浅羽がれいの煮付け」

※煮付けのイメージ












結果、お店からすると「舌平目」では売れず売れのこり、「ねじらがれい」で煮付けにどうぞ!で販売すると売れるのです。

そんなことから金沢では「舌平目」のことを「ねじらがれい」とよぶのです。

とくに夏の時期は底曳漁が禁漁でほかのカレイの水揚げも少ない時期、カレイ好きの金沢の人たちの強い思いがこんなところにもあわられていますね。

ちなみに「ねじら」は海の底でクネクネとしている様子「寝擦り(ねすり)、ねずら」がなまったものという説が有力のようです。

【おまけの写真】

〔ねじらがれいの皮の剥き方〕


包丁で切れ目をいれて















             ↓



身を包丁で押さえて頭を持って皮を剥ぐ











             ↓


きれいに剥けました













             ↓



皮の部分

こうやってみると
ちょっとかわいそう...。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA