あずき貝の臭いの原因は?

金沢では夏になるとあずき貝が市場にではじめます。このあずき貝は煮付けにすると独特の風味があってとても美味しい貝の煮付けになります。結構病みつきになる美味しさともいえます。

6月上旬〜8月中旬くらいまでの時期たくさんとれるのでお値段も安くお客さんにとっては買いやすい貝と言えます。

ただ売る方の立場としては臭いのクレームがよくありちょっとした問題児的な商品でもあります。中に一つでも死んでいる貝が混じるととんでもなく臭くなります。買った人がパックを開けた瞬間すごいイヤなニオイですぐ気付くというわけでクレーム申し立てということになります。。

ではどんな状態のものが悪い貝といえるでしょうか?下の写真をご覧ください。

わかりますか?

左の貝が死んでいます。右の貝は活きています。

もちろん左の貝はすごい臭いがしていました。

パックの際ちょっと目を凝らして黄色い身をしたものを取り除ければクレームを事前に防げるというわけです。

お客さんの立場としては左のような貝を選ばないように注意すると買って失敗したということが少なくなりますね。

ちょっとマニアックなところですが「さかなのさ」としてはこういう他の魚関連のHPでも扱わないところをこれからも紹介解説していきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA