夏に美味しい貝 〜活バイ貝




加賀橋立港バイ貝

暑くなるとなんで無性に貝のお刺身が食べたくなるのでしょう?

うっとしい暑さの中で冷え冷えコリコリばい貝の刺身をこれまた冷え冷えのビールをグイッと飲み干した後に一つつまんで口に入れて奥歯で噛み締めるとこの上ない幸せ感が湧いてきます。

このばい貝、別名越中梅貝または白ばいもいい、北陸では大きなサイズをお刺身にして食べる習慣があります。産地は島根や山口のものが多いですが普通に食卓に出てくるほどポピュラーな食材の一つです。やっぱりわさび醤油が最高ですね!

このバイ貝活きたものしかお刺身にできませんが切るときには限りなく薄く切るのがポイントです。薄く切っても身がしっかりしているのでコリコリとした食感は残ります。特に鮮度がいいものはチリチリになってチヂミますのでさらに鮮度感が出ます。

ただ下処理が大変でヌメリを塩で洗い流さないといけません。

あと唾液腺はしっかり取ることをオススメします。写真は後日アップする形とらせていただきます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA