チカっていう魚ってなんだろう?

昔はワカサギと混同して売られていたものですが、昨今魚の名称もアバウトではいけなくなってので流通段階でも区別されています。店頭でこのチカという名前も見ることが多くなっているのではないでしょうか。

北海道や東北に住んでいる人には馴染み深いかも知れませんがそれ以外の土地の人には正直ワカサギと区別つきません。

チカはワカサギよりも大型になり骨が硬いことから廉価だということです。
また背びれと腹びれの位置でワカサギと区別できるようです。 ウキべディアより

お店での売れ行きも特に問題もなく順調のようです。唐揚げかフライでオススメしています。ただチカって何?という問合せは確かに多いようです。

消費者に正しい情報を伝えるという流れは正しいことなので正確な表記は心がけます。

2 件のコメント

  • 食べますし嫌いではないですがワカサギより骨っぽく独特の香りを愉しめる方でないと無理かな。チカの唐揚げポン酢で冷酒。くぅ~!これの親戚で「胡瓜魚」を久しぶりに北海道で食べましたが、大きくて頭は硬いですけど、腹に詰まっている卵の多さは凄い。カペリンの10倍!?バケモノ柳葉魚?(笑) 北海道とか青森限定魚かな。関東では見かけません。これからもこちらで頑張ってくださいね。応援してます!

    • 遊亀堂さんようこそようこそです。
      コメント嬉しいで!
      チカのこと詳しいですね。貴重な情報ありがとうございます。

      また新橋で飲みましょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA