衝撃画像!よく見ると奇妙な形をした魚たち 〜裏表同じ模様の笹がれい

毎日魚を扱っているとまれにおかしな形をした魚たちに出会うことがあります。

今回は金沢ではよく扱う「笹がれい」の変わり種と遭遇しましたので紹介します。

背中はいつもとかわらない

まず背中の様子をご覧ください。いつもと変わりない姿の笹がれいです。

ところが対面で調理をしていたときに何か違和感を感じました。

よ〜く見るとなんかおかしいじゃないかと腹の方を向けてみると、

よく見ると奇妙な様子の笹がれい

ん?なんか違和感ありませんか?

もともとかれいは裏表ともに鱗があるのですが、明らかに下の笹がれいは背中の色とおなじ色をしています。

毎日、沢山の生魚を扱っているとこういった変わり種の魚(?)に遭遇します。

なんでこうなったかとかはあえて考えないようにしています。生命の神秘に触れられた奇跡にただただ驚くだけで十分です。

あと可食可能かどうか判断し、食べられる気がしないようならかわいそうだけど廃棄しています。

この笹がれいは食べる分には問題ないと思いますが、念のため廃棄しました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA