調理済み魚は本当に新鮮で便利なのか?




便利なのになぜ定着しない?

これも昔から魚屋でよくある話。

これからの時代はみんな調理しなくなるから魚は全て調理済みにして出した方がお客さんに対して親切ですよ。朝から調理済みの魚を出しませんか?

魚を知らない店長や会社の偉い人がよく声タカラらかにそんなことを言うのをよく聞きます。いかにも魚を買いにくるお客さんは便利親切にしないとと言わんばかりに。

確かに新鮮な魚が朝から調理済みででていたらそれは売れるし役に立てるいいことでしょう。

しかし実際は調理済みの魚は令和の今の時代になってもあまり並べられているところは少ないようです。

強いていうなら主の購入世代層が20代、30代という若い世代が利用しているなスーパーマーケットに朝から調理済みの魚が並べられているという場面が目うけられます。

しかしながら朝から調理済みの魚あんまり定着してないような気がします。

なんで朝から調理済みにして出さないか?

私から言わせると朝から魚のお腹出しをして売場に並べている店は信用してはいけないということです。

理由は簡単です。

朝から調理済みで並んでいる魚は古い魚だからです。朝からということは前日かさらには前々日に入った魚だからです。前日の魚と表示さえもしてないでしょう!今日入ったばかりの魚を調理済みにして午前中からルーティンで出せるところはほぼないですよ。

ほとんどのスーパーマーケット、鮮魚店は朝市場で魚を仕入れると思いますが、新鮮な状態で入ってきた魚を並べたり値段をつけるだけで大変なのにわざわざ朝から調理して出すということはまず日本のスーパーマーケットや魚屋さんはできないでしょう。そのために朝から魚を調理済みで出すために人員をわざわざ雇って対応するということも普通ではありえないでしょう。

それなら新鮮なまま頭の付いたまま対面に置いて売るかパックにして売ってしまった方が早いですもんね。

当日はいった魚の調理済みが出るのはせめて昼からの対応となると思います。

結論

結論を言えば今の流通事情を考えるとから調理済みででている魚は古い魚でまず間違いなく前日か前々日の魚です。

便利だといっても前日か前々日の古い魚を使うのは勇気いりますね。

前日に入荷した魚を調理しましたと表示しているんでしょうか?していれば正直なお店ということになりまだ信用できます。

でもそれならそもそも朝から調理済み魚置かない方が出さない方がいいような気がします。便利さをアピールすること自体ナンセンスではないでしょうか?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA