沖ぶり、沖甘鯛、沖あんこうって聞いたことあります?




昔々の話。魚の名前の前に「沖」という文字がついているものを見たことありませんか?

業界的にはよく目にするこの言葉。

例えば今で言うシルバーという魚を昔は「沖ぶり」と呼んでいたことは記憶に新しいと思います。確かにシルバーは切身にするとブリに見た目、味ともによく似ていました。

私が知っているものとしては、上記の他に沖かますというのもあったような気がします。バラクーダのことですね。

すべて「沖」がついてますがなんの意味でしょう?

結論から言うと似ている魚だけれど「〜でない」という意味です。

魚の種類は豊富で近種の魚というものもよくあります。またおなじみだったり人気の魚にどこか似ている魚というものあります。皮が似ているとか、色が似ているとか。

ただ沖〜あとにくる魚ではないということです。言ってみれば偽物だから魚価も本来安い物ですし名前を聞いても知らないということが多い魚です。それを有名な魚の名前に近いものにして聞こえがいいようにしてなんとか値段をあげようとしている点で少し悪意が伝わってきます。

かつてはこのような魚が市場や魚屋さんの売場にたくさん蔓延?していました。

今でもたまにこの「沖」がついた魚を見ることがあります。

今はさすがに表示も正確にするように法律で決められているのでこのような表現は極端に少なくなりました。

みなさんもこんな名前の魚に出会った時は似ているけれど「〜でない魚」という風に覚えておいてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA