10月からどんな魚を売るか?近況報告と来月からのおすすめ魚情報







おはようございます。

今日は日曜日休市ということでお休みです。

あいにくの雨です。気温も下がって室内に入れば過ごしやすい日ですね。

今回の記事はちょっとコラム風にしてみようとおもいます。

最近の近海生魚の水揚げ状況や業界状況など思い連ねたことを書き綴っていきたいと思います。

ということで特に魚のノウハウというか結論的なものはありませんのであらかじめお知らせしておきます。

さかなのさブログ近況報告

おかげさまでこの「さかなのさ」ブログもここにきてアクセス数が伸びてきて連日たくさんの人に各記事をご覧いただいて魚好きの人たちに少しはお役に立っているのかなと思うところとなっている状況です。

みなさんもご存知の通り今の時代情報発信は数少ない企業メディアだけがするものでなく、YouTubeやブロガーなどの個人が価値のある情報を発信できる時代になってきているようです。

もちろん、不安定的な要素があるのでしっかりした発信内容でないといずれにしても淘汰されていくと思うのでこの「さかなのさ」ブログでもできるだけ、正確な情報発信に努めていきたいと思います。

また伝える方法はメインはこのサイトということになるのですが、いろんなSNSも使ってシナジー効果を狙っていきたいと思っています。

あらためてこのさかなのさ ブログが大事にしているところをいうと、

・高いお金を出せば美味しくて当たり前

・それではつまらないというかそんな金持ちの自慢は見たくもないし聞きたくもない

・自らの技術を磨いて知恵を絞って努力して

・可能なかぎり魚を安く買って

・美味しい魚料理を作ることで

・自分と周りの家族を満足させられることを表現したい

ここに最大の価値を見出したいです。

大事なのはどれだけお金をかけずに美味しくお魚を食べられるかだと思っています。

それでこうやって魚の捌き方や見方などを発信しているのです。

そしてこのブログではこの度テーマの改修というか新しいパージョンに切り替えさせてもらいました。

いろんな表現ができるようになりましたのでこれまで以上にわかりやすくて楽しい、そしてためになる記事を発信していこうと思います。

リッキー

ただ、ツラツラっと文字ばかりの記事を書いても見難いですし読む気になりませんよね。

前はこんな吹き出しも出来ませんでした。

ちょっと気に入っています。

で、今は個別のさかなの基本情報を充実させて行こうと思っています。

季節ごとにその時期おすすめの魚の基本情報を書いているというわけです。

他にもあるのですがなかなか使い切れてません。

追々表現していきたいとおます。

さて前置きが長くなってしまいました。

9月月末現在の魚の入荷状況

9月終わりの魚の入荷状況です。

本来今の時期は「生さんま」と「生秋鮭切身」が2大巨頭で売場が構成されているはずです。

しかしながら9月の終わりになっても「生さんま」の状況はよくないようです。

生さんま

生さんまに実は入荷自体はあるようです。

あるようですというのもおかしいですね。

というのは入荷はしていますが販売するに値ないということで売ってません。

いやいや、さんまがほしいお客さんもいるでしょう。

品揃えとして置いておいてもいいんじゃないですか?

という声もありそうです。

確かにそうかもしれませんが、

リッキーは割り切るべきだと思います。

美味しくなくて値ないものはなくてよい。

と思うからです。

季節だから、そういうお客さんがいるはずだからといって品揃えをしても誰もいいことないです。

痩せ細って虫に喰われた穴だらけのサンマを自分が食べたくないし子供にも食べさせたくないですからね。

やすいものでもないので売れ残ったら店も利益残りません。

誰も得しない状況なのです。

それなら今近海で獲れる他の生魚売った方がメリット大きと思います。

既成観念に囚われる必要ないです。

ところが昨日今日のスーパーのチラシには秋刀魚大奉仕!の文字が紙面を飾っています。

もう少し待ちましょう。

生秋鮭

生秋鮭は値段が下がってきました。

おそらく全国的にもg198円で売り始めているのではないでしょうか?

仕入の問題もあるのでなんとも言えませんが、売ろうと思えばg198円可能になってきました。

ここは企業体質を見るいい機会です。

ここ1週間でg198円以上つけている店はちょっと儲けたい店だと思います。

言い方を変えるとお客さんに優しいお店ではないような気がします。

可能なかぎり買いやすいようにしたいとは思ってない企業体質だと思ってないと言えるでしょう。

このg 198円を超えるか超えないかっていうのが結構大事ですからね。

まあ、秋鮭自体あまり水揚げ状況よくないようですから昔みたいに安くはならずこのままいくような気がします。

生筋子

今年の特徴店は生筋子の相場が下がらないということです。

秋鮭の身自体は例年並みというか予想通りだったのですが、

この秋鮭の卵の生筋子が高いです。

おそらく全国的にも小売価格でg 980〜1280円くらいしてるのではないでしょうか?

メチャクチャ高いです。

ただ、生筋子はリッキー非常に重要な商品だと思っているので例年売っている上限のg780円以上では売らないことにしています。

生筋子の販売戦略
  • 生筋子は単価が高い
  • 売れると売上大きい
  • 毎年作る人は量は減っても必ず買うもの
  • それなりな品物をそれなりの価格で販売すると熱烈な固定ファンがつく
  • 買う店は集中する
  • 選ばれない店は値引きだらけ
  • その地域で一番売れる店にならないと悲惨
  • 利益はなくても良いから売れるようにする

おかげで今年も値引きなしで販売できているようです。

新巻鮭

秋鮭を塩したものです。

そろそろ新物が出ている頃ですが市場でもなかなか目にしません。

聞いたところ今年まだ入荷が数回しかなく厳しい状況とのことです。

値段は思ったより高くはないようです。

ちなみに、秋鮭の塩したフィレはリッキー使わないことにしています。

使うなら新巻鮭にこだわりたいです。

それも輪切りで売りたいです。

なんで秋鮭の甘塩フィレを使わないかというと、要は安いけど美味しくないし、色がすぐに悪くなるからです。

新巻鮭のあの後味の塩加減の美味しさを知っている人なら選ばないと思います。

やっぱり焼鮭で食べるなら新巻鮭の輪切り、それも尾の方が美味しいですね。

いくら醤油漬け

いくらはまだ出てきませんが、どこも去年やすいやすい在庫を持っているはずなので急に値上げということはないと思っていますがどうでしょう?

今年はいくらはそんなに高くないと思っています。

10月からどんな魚を売るか?

10月に入れば生サンマも少しはキレイなところ入ってくると思います。

ただ全体的に小さいというのでせめて30尾くらいの物があったらいいでしょう。

本当なら25尾、27尾を売りたいですが。

そろそろ解凍サンマも在庫なくなる頃でしょうから上手く切り替えられるといいですね。

秋鮭値段はあまり変わらないのかなと思っています。g 198円でいくのかなという感じです。10月の下旬にはそれでもg158円で売れたらいいのかな。

昔みたいにg98円、88円は夢のまた夢というところですか

それよりも今年は甘えびがやすいようです。

結構狙っています。

あとはそろそろかますが出てくることかと思います。朝どれ期待です。

あとは地物のアジが今年少ないですがそろそろ大量に入ってきてもいいのではないでしょうか?

特種ものでいうと生かきパックが需要多くなる時期です。

いずれにせよ10月は生魚の種類も多いし相場も下がりやすいので気合いが入りますね。

バイヤーとしては年末の商談で一番忙しい時期でもあります。

また情報発信しますね。

それではまた!

<終わり>







人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA