さんまの塩焼きはやっぱり大きいサイズが美味しい!







みなさん、こんにちは。

8月に入りました。そろそろさんまの水揚げという声が聞こえてくる時季になってきました。

ここ最近はさんまの不漁ということでまともさんまを食べる機会がめっきり少なくなった感じがします。

今年はどうなるんでしょうか?

美味しいさんまの選び方諸説乱立

ところでさんまを塩焼きにしようとさんまを買う時にどのような基準で選んでますか?

時期になるといろんなTVの情報番組やネット情報でいろんなさんまの選び方が解説されています。

  • クチバシが黄色いのがいい
  • 背中が盛り上がっているのがいい
  • 全体的に黄金色に輝いているのがいい
  • 目が透き通っているのがいい

まあ、どれも間違ってはいないと思います。

結局はサイズで選ぶのが間違いない!

毎日のようにさんまを買い付けし、扱うリッキーがおすすめするなら、

やっぱり全体の魚体が大きなサイズ

を選ぶことです。

先に挙げたよういろいろ諸説ありますがそんな店先でジロジロ見ているわけにもいきませんし、さっとスマートに買いたいわけですよね。

そうした時に決めてはやはり大きさを見るということです。

では、どのくらいの大きさがいいのかということですが結局値段を見るのが一番分かりやすいようです。

大きさと値段の関係

さんまというのは入荷する時に大きさが大体揃っています。

さんまの箱は通常5kg入っている箱で入荷します。※最近では2kg箱も流通するようになりました。ただメインは5kg箱です。

スーパーは値段をいつも同じにしたいと考えるので入数もいつも同じようなものを仕入れます。

同じ値段で売りたいので種類も一種類というパターンが多いです。

で、箱の横にさんまの入数が必ず書いてあるものです。

25尾とか30尾とか

例えば、25尾と記載したものだと5kgで25尾なので1尾あたり約200gということになります。

この場合200gといっても大体です。

200gのさんまだと結構大きめで脂ものって美味しいです。

以前はこのサイズが主流でした。

ただ、このサイズは他が98円で売っている時に130〜150円していました。ちょっと割高になります。

すみません、これは5年ほど前の話です。

最近では25尾というサイズはめっきり少なくなっています。

今ですとたとえあったとしても580円くらいになるイメージでしょうか。

今年あたりはそもそもないという確率の方が高いです。

で、1尾98円などという安売りをする大手スーパーや安売り店はどんなサイズを使うかというと35尾とか40尾サイズを使います。

35尾というと5kgで35尾ということですので140gほどの大きさです。

40尾だと125gです。いわしが長くなったくらいの大きさです。

なにが言いたいかというと、

さんまは値段で選ぶとまずいですよ。

ということです。

98円を6本買うくらいなら580円を3本にして半分にしてください。

それだけ美味しさが違うものです。

さんま1箱5kg
入数
1尾あたりの重量備考
20尾250g大きいサイズ
23尾約217g
25尾200g
27尾約185g普通サイズ
30尾約167g
35尾143g
40尾125g小さいサイズ

さんまが本当に美味しい時期は?

さんまの美味しい時期についてはこちらの記事が詳しいです。

 ↓   ↓   ↓

さんまの刺身にはご注意を!

どうぞこちらの記事を一度お読みいただいて知識を深めておいていただくと被害を未然に防げると思います。

2020年今年の生さんま入荷の状況

こんなこと言っておきながらなんですが、今年のさんまの水揚げ状況は今のところ最悪です。

8月に入るといつもの歳なら少し市場にも並ぶのですが。今のところ入ってくる様子はありません。

今後の流れを見ていかないとなんとも言えませんがどうでしょう。厳しいようです。あっても30尾が中心になるのかと言ったところです。

それ以下ならリッキーのお店では仕入れるのをやめようと思います。

万が一みなさんがさんまを買うことができるようなら少し高くても大きなサイズですよ!

それがいいたくて…。

<終わり>

トップページへ







人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA