赤がれい 干物でお馴染みだけど煮付けも美味しい底曳魚 秋冬の魚介類







カレイの種類もたくさんある中でこの赤がれいは比較的見慣れたカレイでないでしょうか?

干物で見る機会も多いこの赤がれい鮮魚でも扱われることも多い魚です。

リッキー

干物で見る機会が多いかもしれません。

干して焼いて食べるイメージが強い赤がれい、鮮魚ではどんな食べ方があるのでしょうか?

今回は鮮魚としての赤がれいの美味しさを探求してみたいと思います。

基本情報

分類 カレイ目カレイ科アカガレイ属                
名称
別名・地方名
英語名Flathead flounder
学名Hippoglossoides dubius Schmidt,1904
分布主に日本海
主な漁法底曳漁 刺網漁
備考

どんな魚?

腹側が血が滲んだように赤みがかっているのが特徴。

他のかれいと見分けるポイントはその赤みがかっている点とヒレが山型になっている点、そしてへの字口になっているところを見るとわかる。

比較的大型のサイズに成長する。

小さいサイズは安いが売りにくい。

大きなサイズは相場によって非常に高値で取引されることがある。

カニ漁に混ざることが多い。

おいしい食べ方は?

一般的には塩焼きにして食べることが多い。

身離れがよいため塩をして干して食べることが多いです。

煮付けにしてもおいしいが煮崩れしやすいので注意が必要。新潟以北では煮付けにすることが多い。

飾り包丁を入れて唐揚げにしたりしてもおいしい。

浜どころでは刺身にして食べるが寄生虫がいるのを見るので食べ慣れた人以外はあまりおすすめしない。

どうやって買う?

パックになっていることが多いが、対面販売がある店ではいい型の赤がれいがバラで売っていることがある。

相場的にはそんな感じ。

どうやって売る?

港によっては選別がきちんとしているので定額販売することが多い。

大きなサイズは580円くらいまでなら売れる。

小さなサイズはパックにしてg売り(ユニット販売)する。

対面で頭とりをする場合、カマからガバッととるよりお腹出しをして口先だけ落とすと身がたくさん残るので喜ばれる。

小さなサイズはあまり日持ちしないが大きなサイズは4、5日くらいは平気でもつ。ヘタしたら1週間ほどもつ場合もある。

赤がれいの干物

北海道や山陰地方では干物加工されることが多いです。

カレイは総じてパックするときの向きが難しい。

というのもパックする時に左側に頭を向けるのが基本ですが、

カレイをパックする時はどうしても頭が右を向いてしまうのが悩みです。背を向けると必ずそうなります。

こうやって縦にすればそういう悩みが無くなりますね。

3月ごろの身の厚い卵を持ったかれいを干物にすると本当に美味しいですね。

子持ちの赤がれいを写真のように加工すればさらに美味しそうですね。

福井の天神講の焼き赤がれい

福井では天神講(1月25日)に焼きがれいを食べる習慣があります。その時はこの赤がれいを使います。

その時は1500円の赤がレイでも使います。必ずその時に食べないといけないようです。値段は関係ないようです。

「天神講」という名の祭りは全国各地に散見されますが、赤ガレイ(生・素焼き)を供えるのは福井独自の風習です。 菅原道真公はカレイが大好物だった???

赤ガレイは、福井の底曳き網漁で最もポピュラーな魚のひとつで、高タンパク質でコレステロールが少なくカルシウムも豊富で、子どもの脳や身体の発育を助ける栄養素がたっぷりです。 大きいものであれば1匹を飾るには格好の良い魚です。

長男が誕生すると、学問の神、誠心の神として子どもの成長を見守って欲しいとの親心で、母方の実家から嫁ぎ先へ、天神様の掛け軸(福井県の越前市周辺では木彫り)が贈られます。 幕末の頃、教育に熱心だった福井藩藩主松平春獄が天神画を飾るように推奨したからだとか・・?

福井中央魚市HPより

写真で紹介!

金沢では秋になると5種類のカレイが常時入荷します。

笹がれいやすがれい、口細がれいの順で人気となっています。

その中で赤がれいは4番目の位置付けになります。

ちなみに最下位はなめたがれい。

ただ加賀橋立港に行くとこの赤がれいがメインになります。

非常に高値で取引されるところです。

関西方面へ発送するのでいい値段が出ると言いわれてます。

最後に

いかがだったでしょうか?

赤がれいのことわかりました?

とにかく赤がれいは焼いて食べるだけではなくて煮付けにしても美味しいという点を押さえて貰えば今回はいいと思います。

実際リッキーもこの赤がれいを甘めに味付けをした煮付けを食べたらハマってしまいました。

焼いて食べるにせよ煮付けにして食べるにせよ美味しいカレイであることは間違いありません。

参考サイト ぼうずコンニャク市場魚貝類図鑑

<終わり>

トップページへ







人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA