極上の真かじき High Quality Marlin







金沢にいるとカジキを食べる機会が多いです。

関東の方でいう「メカジキ」とは違いがに同じ種類の魚。

ただこちらでは切身バター焼きでなく主に刺身や寿司で食べることがおおいかな。

もう一つ北陸の伝統料理「昆布〆め」にして食べる機会が多い。

魚体も大きく市場でも一際目立つ魚である。

聞いた話だとこのカジキを食べるのは金沢(北陸)と熊本の一部地域だけだそうだ。あと一カ所あったようだが忘れた。そしてカジキの相場は熊本で決まるというのも聞いたような気がする。

このカジキのことを金沢では「さわら」と呼ぶ。

春の鰆という魚と紛らわしく、県外から来た人のほとんどは最初間違うと言われる。

「さわら」を漢字で書くと理解する。

「狭腹」と書いて「さわら」。なるほどカジキのあの体型のことを言うんだなと思った人はちょっと魚のこと詳しいと自慢できます。

要は細長い魚で下からは腹を見ると狭いので「さはら」。これがなまって「さわら」になったというわけです。

前置きが長くなりましたが、

さわら(カジキ)にはいつも流通しているのが3種類あります。

市場価格順にいうと、上から

シロカワカジキ Blue

マカジキ Striped marlin

クロカワカジキ indo-Pacifick blue Marlin

の順になります。

ただ、マカジキの身質と色合いがきれいなので一般的に人気です。

シロカワカジキは流通量も少なく上品な脂ののりよさから割烹や鮨屋さん向けになっています。

クロカワカジキは流通量も多く切身や昆布〆めに使われるのはほとんどこのクロカワです。

今回写真のカジキはマカジキで今まで見た中で最高の身質と色合いでした。

ただ、値段はそのときその時の相場なので必ずしも高いとは限りません。

いつもの値段でいいとのことでしたが、うちでは使いこなせないのであきらめました。

個人的に寿司や昆布〆めにできたらいいなと思っただけで終わりました。

いつかこんなマカジキで昆布〆めを作ってみなさんにもお届けできたらいいなと思っています。

そのためにこのブログを続けています。

実は現役引退してからはこのブログで全国各地の美味しい生珍味をブログで味巡り紹介しながらシリーズ化して販売するという目標を持ってます。冷凍がいいのか鮮魚までできるのかわかりませんが物販系もやりたいなと計画しています。

あと8年後になるのかな。それまでにしっかり基礎を作っておきたいと思います。

それまで皆さんご愛顧のほどよろしくお願いします。

関連記事 マカジキって本当に美味しいね!

関連記事 さわらは金沢でカジキのことをです。理由を知れば納得します!

トップページへ







人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA