\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

鯛(タイ)ではなかった鯛(タイ)の話




みなさん、こんにちは。

リッキー今水産部門の新人研修をしています。

魚の知識、取り扱い方からはじまって、包丁の正しい持ち方、使い方など基礎的なところをカリキュラムを組んで指導しています。

もともと西村研究室の新人研修テキストというベースがあって、西村先生に許可をいただきそれをもとにリッキーなりに今の現場に合わせて作り直したものを使っています。

なので体系的に網羅されたカリキュラムが出来上がっています。

いくつかのコースというかパターンを作ったのですが、いずれにしても魚の知識編がみんな一番興味を持って聞いてくれます。

その中でみんなの反応が良かったの表題の話です。

鯛とついているのにタイの仲間でないという話でした。

ということで今回みなさんにもこの話をしたいと思います。

Sponsored Links

実はタイ科のタイは4種類

まず、一般的に流通しているものという前提を入れさせてください。

食べられるものを対象にしないと意味ないですからね。

では、さっそくタイ科の魚を見てみましょう。

タイ科のタイ

この4種類です。

鯛とついているけれどタイ科でない魚はこんなにいる!

それに対して名前に鯛とついているけどタイ科の魚ではないものは次の通りです。

タイ科でないタイ
  • 金目鯛 ・・・ キンメダイ目キンメダイ科
  • 車鯛 ・・・ マトウダイ目マトウダイ科
  • 目鯛 ・・・ スズキ目イボダイ科
  • 甘鯛 ・・・ スズキ目アマダイ科アマダイ属

結局タイの仲間でないんですね。

みなさんもよくみるタイがタイいないんですね。

Sponsored Links

まとめ

だからなんだと言われればそれまでかもしれません。

しかしながらこんなにタイ科でないタイが多いというのはビックリしますね。

結局おいしければタイ科であってもなくてもそれでいいと思います。

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA