ハタハタの卵(ブリコ)まるでジェリービーンズ⁈激レア画像







魚を捌いているとたまにハッとすることがあります。

形の妙に違う魚や色が薄い濃いとかバランスがなんかおかしいとか。

自然の生き物なのでどこか変わった部分もありうるわけで、それはそれで魚たちが生きてきた証と言うことになるのでしょう。

ただ、食材として扱うならできるだけ普通であってほしいわけです。

この卵との出会いも突然でした。

普段の作業中に出会った奇跡

それは普通に対面台に立ってはたはたの頭とりをしていた時でした。

んっ!いつもと違う。なんか卵の雰囲気が違うことに気づきました。

普通たはたのお腹にある卵は大体茶褐色の同じような色をしているものです。

ところが、その時みた卵は色はくすんでいるものの一つ一つが違う色をしていることに気づいたのです。

おそらく魚のブログをしていなければ普通にスルーしていたかもしれません。

内臓の中にある卵はその存在を全く感じさせない佇まいで大人しく入っていました。

しかし、私はそのはたはたの卵の異様な雰囲気にしっかり気づいていました。とっさに今まで残桶に捨ててしまった卵も全て拾い出しました。

一つに集めて水道水で洗ったところ、とんでもないものが見えたのです。

ではその驚愕の画像を見てみましょう。

ハタハタ卵カラフルな美しさ

それがこちら

↓   ↓   ↓

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

色とりどりの卵

全く洗っただけの自然の色です。全く写真の加工もしてないですし天然の色合いです。本当に手を加えていない色なんです。

これらは日本海でおなじみの魚「はたはたの卵」の画像です。
地域によってはブリコともいいます。

ちなみにこの「」からでてきたものです。

↓   ↓   ↓

イメージ 5

普段は茶褐色の卵はよくみます。たまに緑色のものも見ますがこれだけの様々な色がそろうのは珍しいのではないでしょうか。

ハタハタ卵の本来の色

よく見る色はこれ

↓   ↓   ↓

イメージ 4

普段は一色だったとおいます。

これもたまに見ます。

イメージ 6
イメージ 7

卵の成熟度でこれだけ色がかわるのでしょうか?(推測)

私これらの写真をすぐに撮りました。

実際は現場では結構こういうものが混じったりしているのでしょうか?

しかし普通の魚屋さんは興味がないでしょうから写真が残ることもなかなかないんだと思います。

まとめ

たまたま気づいた私はラッキーでした。

別に宝石を見つけたわけではないですがすごく嬉しくなってしまいました。

自然色の美しさをこれほど感じたことはありません。

きつい魚屋の仕事もたまにこういうことがあると楽しいですね!

〈終わり〉

トップページへ







人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA