>> まずは読んでほしい記事がこちら ここをクリック! 
a

カズチー・プレッツェル【実食】〜結構うまいよ!水産業界異例の大ヒット

みなさんはカズチーをご存知でしょうか?

水産業界で空前の激レアヒット商品となっている数の子の有名メーカー井原水産のカズチーです。

私も発売当初から扱っていた数の子とチーズがコラボした商品です。

最初はたいしたことないと思って売っていたのがそのうち人気に火がつき2021年10月の現在でもなかなか入荷がしヅラい商品となっているようです。

市場でもわずかの入荷した時は結構取り合いになっています。

確かにおいしいですがここまで売れるとは思っていませんでした。

そのカズチーにプレッツェルがあるというのですがたまたま個人的に手に入ったので皆さんに紹介します。

Sponsored Links

カズチーのおさらい

まず、カズチーを知らないという方のためにカズチーのことを少し紹介します。

カズチーは、くんせいかずのことチーズを組み合わせた、かずのこ屋こだわりの新感覚おつまみ。

ちょっとした自分へのご褒美に、お好みのお酒のお供にどうぞ。チーズのうまみと、くんせいかずのこのパリポリ食感が程よくマッチ。

ワインとともにこの北海道発マリアージュで、極上のひと時を。

カズチードットコムより

発売からもう5、6年たつでしょうか?

味付け数の子とチーズをコラボさせた商品ということで金沢の市場でも案内されていました。

私も試食したりしていましたが当時からパッケージやネーミング、個包装がいいなと思ってました。食べたら美味しかったので即採用して販売しました。

ただ、おっさんばかりの水産業界的にいうと手を出す人はすくなかったと思います。

当時はマグロチーズとかカツオチーズ、ししゃもプチプチいう商品(石原水産)があり、そちらの方も売れていました。

なにせチャッキチャキの伝統商品の老舗メーカーが今風のソフトで軽いタッチ商品を作ったといったところで違和感というかミスマッチすぎてちょっとみんな引いていたような気がします。

売れ行きもボチボチといったところで食べたらおいしいということでそれなりに減って行ったという感じでした。

当時は値段も安く確か、リッキーの店で398円で売っていたように思います。

ちなみに今(2021年10月現在)は入荷あれば店売り税抜金額で400円後半で販売しています。

今はネットとかですごい値段で売っていますね。

いやはや。

ちゃんと信頼できるところで購入するようにしてください。

念の為公式ホームページを紹介しておきます。

\ 公式HPはここをクリック! /

エビチーとか気になります!

ギフトセット使えそうですね。

井原水産はどんな会社? 〜ヤマニ数の子

井原水産は、水産業界では塩数の子の老舗トップメーカーとして有名です。

>> 井原水産ホームページ

井原水産というよりヤマニの塩数の子といった方が知っているひとが多いかもしれません。

今でこそ塩数の子の需要が年々減ってきていますが、贈答用の化粧箱入りの塩数の子はそれは以前よく売れたものです。

その中でも数の子の腹を上に向けているということで商品に自信を持ったメーカーという話を聞いたことがあります。

というのも塩数の子は品質が悪かったり、時間が経つと腹から割れていくことがよくありますが、普通のメーカーはその腹を下に向けて入れるのです。

ところがこのヤマニの数の子は腹を上にして商品のよさを見せるわけです。

それだけ品質に自信がないとできないということです。

今でもヤマニの数の子は健在ですが、関西で特にシェアを占めているとのことです。

まあそれだけちゃんとしたメーカーだということですがここ数年は塩数の子の原料高騰、需要減などから苦戦していました。

それこのあのカズチーの空前絶後大ヒットで息を吹き返したかのような勢いです。

Sponsored Links

カズチーがプレッツェルになりました!

前置きが長くなりました。

で、今回たまたまカズチーのプレッツェルという商品が手に入ったので紹介したいと思います。

カズチーシリーズにこんな商品があったということを知らない人も多いと思います。

まず、プレッツェルってなんぞや?

ということですね。

ドイツの伝統的な焼き菓子でパンを結び目のようにして焼いたものということです。

よく輸入菓子コーナーで売っているやつですね。

コンビニでもチーズとかハニーマスタードとか砕いたパンの硬いようなスナックが売ってます。

こんなの売ってましたね。

プレッツェルに近いものとして日本で有名なのはプリッツなんでしょうか?

形は違いますが焼き菓子という意味でプリッツとよく似ています。

【実食】

はい、袋から取り出すとこんな感じでした。

さっきプリッツと言いましたが、ポッキーみたいでもありますね。

「ん〜!!! 香りがすごいです。」

数の子の燻製の香りが封を開けた途端に部屋中に広がるかのようです。

一口口に入れると、

「カリッと焼き菓子の爽快感があります!」

「で、ここでも数の子の燻製の香りが鼻腔を突き抜けていきます!」

「ん〜!!! なかなかのお手前。」

さらに食べていくと、

「シオシオとしたあっさりとした味わい」

と、

「焼きチーズ菓子部分の濃厚なコク」

が、行ったり来たりを繰り返すようです。

で、飲み込んだ後に口に残る感触。

「ん??? これは…!」

「まさか数の子の食感 ! ! !」

噛み締めるとプチプチとはいかないまでもなにか感じます。

「はっきりわからないけど数の子のような固形物の感触!」

「噛み締めるとジワーッと旨味が出てくるようです。」

確かに感じられました。

あと味が非常にいいです!

Sponsored Links

まとめ

総合的に評価すると、かなりうまい方だと思います。

一度食べ始めると止まらない美味しさがあります。

これは食べる価値ありだと思いました。

あとカズチー以外のラインナップもなかなかいいと思います。

井原水産の底力を見せてもらった気がします。

あまりいい話を聞かない水産業界に希望の光を見せてくれたような気がします。

カズチーがんばれ!

※カズチーを購入される方はできるだけ公式サイトなど信頼できるところが購入してください。

※KALDI(カルディ)に売ってるという情報追加しておきます。

<終わり>

\ ギフトオススメですよ! クリック!/

トップページへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA