お店に個性がありますか?〜お店作り







みなさん、こんにちは。さかなのさ リッキーです。

いろんなお店作り売場作りをしてきましたが結局のとこわかりやすいものが一番お客さんに訴えやすい伝えやすいのだと思います。

例えば魚屋をやるときにあのお店は刺身がうまいとか、魚の鮮度が良いとか単純な基準でお客さんはお店を選ぶのだと思います。決してミールソリューションができているとか中食対応できているとかで選ぶわけではないと思います。

もちろん家から近いというのが最大の決め手となるのでしょうがそれ以外だとあのお店と思ってすぐに思い浮かぶ部門か商品がある方が選ぶ可能性が高いのではないでしょうか?野菜でも魚でも肉でも雑貨品でもなんでも良いと思います。

その意味で店の側からすると何か特徴を持たないといけないということになります。

もちろん大手チェーン店にお勤めの方はそんなことを考える必要はないですから今の話はローカルの小さいある程度自由が効く裁量があるお店の方が対象になると思います。もしくは経営者、経営幹部の方々です。

とにかく自分たちはなんのお店か!ということをとことん突き詰めてです。あれもこれもできるというのはダメだです。結局何もできないのと一緒だからです。もちろん平均的な実力が備わらないといけませんがその中でも得意なものは何?ということです。

例えば今私が関わっているお店は水産特化型の店作りに舵を切っています。簡単に言えば魚の鮮度が地域で一番良い店というところを目指してやってきたら店の売上が右肩上がりに年々伸びてきました。特に鮮魚対面販売を強化してやってきたら鮮魚だけでなくお店自体も良くなってきました。

そんなもんです。とにかくウチの店では○○が得意だよ!という武器を持たないことには埋もれてしまします!

アメリカでトレダージョーズという素敵なお店があります。非常に特徴のある個性的なお店です。PB商品の割合が9割近くを占めるチョット高級なお店ですがロゴを見るとすぐにトレダージョーズのお店や商品を思い出します。そのP Bがとってもおいしいと評判で人気なのです。

やっぱり個性的なお店で美味しいものを売っていれば食品小売業は間違いないと確信しました。







人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA