\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

まだ柄木製の包丁、鱗引きを使ってるの?!調理器具ステンレスに変えたら?




長いこと鮮魚対面で調理をしてると思うことがあります。

包丁や鱗ひきの木の柄が朽ち果ててボロボロになっているのがとても情けなくなります。衛生的でもありません。

いつもキレイな器具で調理をしたい!

通常はこのような木製のウロコひきを使われていると思います。

お値段も安く魚屋のスタンダードです。

この木製のウロコひき難点があって取手の木製部分が時間が経つと水を吸収して汚れていくということがあります。

長時間使わなかったりするとカビとかも生えるのでよくタワシでよく擦ると今度は柄が削れていって表面がさらにガタガタになって悪循環になっていきます。

それが最後にはえぐれて手がつけられない状態になるわけです。

包丁にしても木製を使っていると柄の部分が水を吸収してブヨブヨ感が出てきたりします。

その前に新しいの買えよということなんですが、みなさん大事に使われてすごい悲惨な状態になることが多いようです。

衛生の観点からいってどうなんだということですね。

決して好ましいことではないと思われます。

ということで今いるお店では木の柄のあるものを一切使わずにスレンレスのものに切り替えることにしました。

どうなったか見てみましょう。

Sponsored Links

購入価格は?

仕入値は上がりました。

値段でいうと3倍ほどです。

全てステンレスに変えるとやはりそれなりの値段になり経費がかかりそうです。

まあ、この時点でみんなビビるかもしれません。

使い勝手は?

しかし使ってみると、耐久性もあり長期的に見たらコストパフォーマンスの良い物だということがわかりました。

特にこの鱗ひきは秀逸です。清潔感もありますがなんといってもいつまで経ってもヘッドがグラグラしないのがいいです。

例えばこんな感じのもの

木製の鱗ひきを使ったことある人ならわかると思いますが鱗を落とすのにトントンと鱗ひきをまな板に当てて鱗を落としたりします。

そうするとそのうちにヘッドがゆるゆるになってウロコひきがやりにくくなるということがあります。

このステンの鱗ひきはいつまで経ってもヘッドが構造上グラグラすることありません。

非常に精神衛生上も良い物だとわかりました。

結局変えて正解か?

確かに3倍もするものを易々と変えることはできません。

ただ、とはいえ値段で言えば1,000円代です。

思ったより負担はないのかなとも思います。

木製の3本分以上はステンレスの柄で使えています。

非常に長い期間使用できると思いました。

使い勝手と清潔感を考えるとその値段でも十分元は取れると思います。

何よりも使っている器具が衛生的で気分が爽快になります。

作業がやりやすくなります。

なんと言ってもあの朽ち果てた包丁やウロコ引きの柄をみなくて済むだけでも精神衛生上とてもいいものです!

Sponsored Links

最後に

なかなか新しいことには躊躇してしまいがちです。

しかしながら衛生的な問題を孕んでいるものがあるならそれは変えていった方が良いと思います。

目先の値段でなく長い目で物事の価値を考えていくことがとても大事と思いました。

みなさんもおすすめできます!

一応参考までにネットで買えるものを載せておきます。

ボタンを押しただけで決済されませんので自由にクリックして中を覗いてみてください。

是非替え検討してみて下さい。

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA