\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

Pinterest 〜さかなのさ 登録しました! ブログと相性良さそうです!




こんにちは!さかなのさリッキーです。

今回はちょっといつも違った記事内容になっています。

このさかなのさブログは魚の紹介が中心になりますが魚に関わるいろんな人も応援していきたいと考えています!微力ながらと注釈付きなりますが…。

魚を買うお客さんはもとより、魚屋さんの大将、女将さん、スーパーマーケットの鮮魚部門に配属された人、店長、幹部、水産業界関係者、市場関係者、飲食関係者など魚にまつわるいろんな人の生活に関わる部分も表現していけたらと思っています。

特に魚関連で働く人たちの地位向上していってほしいという思いを強く持っています。

だからこそ、リッキー自ら魚を扱う素晴らしさを表現したり、鮮度を売る商売として人の鮮度もいいんだよというようなことも伝えていきたいのです。

新鮮な魚を売るという仕事に誇りを持てるくらいの職業になってほしいのです。

そして周りの評価はともかくいい仕事をオシャレにセンスよくやっていきたいのです。

同時に前向きに頑張れば報われるんだという状況を作るところにも支援というか応援できたらいいなと思っています。

でもそのためには自分たち自身もいろいろ努力が必要であって何事にもくじけない思いを持つ人こそ報われてほしいと考えるわけです。

本当に報われてほしいのです。

ではどうすれば?

Sponsored Links

仕事の時は必ずネクタイ着用??

例えば、全く個人的な考え方ですが、リッキー仕事するときは必ずネクタイをすることにしています。それもヨレヨレのものでなくビシッと線のハッキリしたセンスのいいものをするようにしています。センスがいい悪いはともかく市場でセリを見ている時も魚を三枚おろしにしているときも残オケ掃除するときでもワイシャツにネクタイでやっています。もちろん、白衣はきますよ。

これは前の会社の上司に教えられたのですが今思えばありがたいことを教えてもらったと思います。

というのも魚の仕事は普段汚くなりがちです。汚くなりがちだからこそやっている人の身なりはキチッとすべきだという考え方です。

一昔前の魚屋のイメージは無精髭にヨレヨレのワイシャツで汚い格好するのが魚屋みたいな感じでなかったですか?

今は会社の衛生観念も変わってきて制服基準も厳しかったり、しっかりするところはしっかりしているのですが、まだまだ旧態依然のところは多いかもしれません。

少なくともネクタイを締めることできっちりした仕事をする第一歩と考えるのです。

生き残るものは力の強いものでも頭の良いものでもなく…。 〜ダーウィンの進化論

もう一つ魚屋さんのかかえる大きな問題があると思っています。

それは、表計算やパソコンに弱い人が多いということです。

もう高齢の方ならそれもしょうがないと思います。無理にその人に覚えてもらうより周りがフォローすべきです。

しかしながら、若い人たちの中でも苦手意識が強い人が多いのではないでしょうか?

しかも、苦手というだけでいっこうにマスターしようとしないのです。

これはリッキー声を大にして言いたいです。

イマドキの30代、40代でパソコンが苦手というのは通用しないのです。

これはなぜダメかというと時代の流れについていけないどころか自ら変化することを放棄しているからです。

必死になってマスターしてください。

これからの時代は手に包丁技術があるだけではダメなのです。

それをエクセルやワード、パワーポイントで表現できないといけないのです。

せめてメールを使うときはPDFにして送れるくらいには最低してほしいです。

スマホのLINEで写真を送るくらい必須なのです。仕事とプライベートの区別の問題は別にあるにしてもですが。

なぜこういうかというと近い将来偉くなった時にパソコンスキルがないとマイナス評価になってしまえからです。表現の場が増えたときにスタートから遅れてしまうのです。取り返しがつかないのです。できたらすごいではなく、できないとなにしてるの?なのです。

自分はこれでいいんだ。めんどくさいことを覚えるより他の人が自分に合わせばいいんだとさえ思ってたりしています。

そんなこと覚えても1円にもならないよとかいうわけです。

しまいには部下や後輩にまでそんなことより売場をマスターする方が先だとか言ったりします。

そう言われたらパソコン、スマホのスキルをしなくていいという雰囲気になってしましますよね。

こういう風潮が強いので魚屋の人たちはからっきしパソコンに疎いのです。

先輩上司からの悪しき慣習を受け継ぐのです。実は自分も努力しなくて楽という自分の弱さも孕んでいます。

最近生まれてくる人たちは生まれた時から既にスマホがあって生まれてすぐにそういったものを使っている世代です。

そう言った次の世代に追われないようにしてください。

とにかく、時代の変化についていきましょう。

さかなのさも常にチャレンジしていきます!

ということもあってリッキーも次のチャレンジをしてみたいと思います。

Pinterestというソーシャルメディアにチャレンジしてみたいとおもいます。

Pinterest(ピンタレスト)とは、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに本拠を置くPinterest, Inc.(ピンタレスト社)が運営・管理する写真共有サービス。アプリウェブサイト方式によって提供され、ピンボード風の画面構成となっている。ユーザーはイベント・関心事・趣味などテーマ別の画像コレクションを作成・管理することができ、また他のユーザーが作成したピンボードを閲覧して自身のコレクションに加えたり、「好み」の写真として画像を「リピン」することもできるという特徴がある。

ウィキペディアより

Pinterest HP ⇨ https://www.pinterest.jp

リッキーも登録して写真をピンしてみました。

ちょっとわかったようでわからないですがしばらくやってみます!

時代についていきたいですからね!

Sponsored Links

最後に

新しいチャレンジといえば来年の抱負として、

今考えているのは魚屋さん向けに休日の過ごし方提案をしてみようと思って計画しています。

最近では労働時間の短縮というか馬車馬のように働く時代でなくなりました。

魚屋さんも余暇というか自分の時間が増えていると思います。

そうするとその余った時間の使い方に悩む人も多いのではないかと思います。

釣りをしたりはいいのですが今は停滞しましたがパチンコで人生終わってしまわないよう趣味の多いリッキーがいろんな提案をできたらと思っています。

ちょっと思い浮かぶだけでも、

野球、サッカー、フットサル、バレーボール、バンド、ギター演奏、ラグビー観戦、株取引、植物栽培、釣り、陸釣り?、山登り、きのこ取り、熱帯魚、ワンワン、ニャンニャン、庭園づくり、手作りリフォーム、婚活、懸賞、パズル、プラモデル、ラジコン、ドローン、洞窟巡り、神社巡り、城めぐり、ホタル鑑賞、自動車など。

趣味の経験豊富なリッキーが魚屋さんの余暇の有意義な使い方という分野を確立したいです。

<終わり>

トップページへ

 






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA