>> まずは読んでほしい記事がこちら ここをクリック! 
a

自分が作った刺身【添削】上手いのか下手なのかアドバイスします!

みなさんこんにちは、刺身デザイナーのリッキーです。

自分で作った刺身思い通りになってますでしょうか?

たかが刺身されど刺身です。

おいしそうに作れたらいいですね!

今回はそのお刺身の添削をリッキーがしようと思います。

魚のプロとして毎日お刺身を見て何人もの人を指導をしていますがこれをWEBでやったら皆さんのお役に立てるのではないかと思ったわけです。

Sponsored Links

意外と刺身をチャンと教えてくれるサイトは少ない!

変わった魚刺身の作り方とか純粋なレシピ的なものはあっても、なかなかそういう刺身の作り方を細かく正確に教しえてくれるサイトや動画は少ないような気がします。

自分が刺身を作ってるのを見せるだけで、どうやって作ったらいいかを表現しているのは一部だけなような気がします。

特殊な技術と指導方法が必要なのでなかなかそういう需要がないのかもしれません。

ちょっとニッチな分野なんでしょうね。

ビジュアル的に奇をてらったりという方が一般受けしそうですもんね。

そのほうが登録いいねを稼げるんだと思います。

プロを教えるとなると結構地味になってしまう

しかしながらリッキーはもともとプロの人を教えているのでそんな目立つことはしていません。

刺身作ることにみんな真剣勝負でやっているので余裕がないというか演出は二の次なのです。

それはそうですね。お金をもらう人を教えているんですからあんまりチャラチャラはできないですよね。

そもそも刺身を作る人も少ないのかもしれません。

ですが絶対にチャンとした刺身の作り方に興味がある人いると思うのでちょっとこれからその辺に力を入れていきたいと思います。

Sponsored Links

さかなのさではより詳しく正確に指導

刺身の切り方はもちろん、刺身の盛り付け方、そもそも刺身サクのたち方などポイントを押さえてやれば初心者の方でもそれなりの出来栄えにできると思います。

食べてもらう人にハッと喜んでもらえるお刺身作りたいというみなさんの希望を叶えたいですね。

現状はテキストでのご案内

このサイト自体も手作りなのでなかなか大きなお金をかけてサイト改修を今すぐするわけにもいないのでもまずはできるところからやっていきたいともいます。

写真を添付してメールを送ってもらってそれに対してフォーマット化した書式でご返信する形と言うのはどうでしょうか?

至って単純な流れですが基本テキストベースになるので十分情報提供できるように思います。

そこのところは臨機応変に結果を受け取っていただけるように考えたいと思います。

ぜひ、ふるってご参加のほどよろしくお願いします。

実はYouTubeもやっています。

今後は動画コンテンツでご案内できると思います。

ちょっとお時間ください。

みなさん楽しみにしていてくださいね!

Sponsored Links

手続きの流れ

【刺身の添削いたします】

【費用無料!】

まず、自分が作ったお刺身を添削してほしい方はまずは、下記メールに連絡ください。

その後刺身の写真を送ってください。

それから添削します。

それができたらこちらから添削できた旨のをメールします。

再度ZOOかGoogle meetでインタラクティブに指導します。

どこをどうしたらもっと美しく見せることができるかアドバイスさせていただきます。

ただし、送っていただいた写真はお返しすることができませんのでコピーしたものを送ってください。

なお添削目的以外で使用することはありませんのでご安心ください。

管理はこちらの方でしっかりとさせていただきます。

また、送っていただた写真は添削返信後廃棄させていただくことにしています。

メールアドレスはこちら → 問合せへ

さかなのさLINE公式アカウント開設しました!

登録はこちらから

↓  ↓  ↓

参考記事 もっと刺身上手くなりたい!誰も教えてくれない7のポイント

<終わり>

トップページへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA