\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

自分が作ったお刺身の上手いのか下手なのか知りたくありませんか?添削します!




みなさんこんにちは、刺身デザイナーのリッキーです。

魚のプロとして毎日お刺身を見ていろんな指導をしていますがこれをWEBでやったら皆さんのお役に立てるのではないかと思っています。

Sponsored Links

意外と刺身をチャンと教えてくれるサイトは少ない!

変わった魚刺身の作り方とか純粋なレシピ的なものはあっても、なかなかそういう刺身の作り方を細かく正確に教しえてくれるサイトや動画は少ないような気がします。

自分が刺身を作ってるのを見せるだけで、どうやって作ったらいいかを表現しているのは一部だけなような気がします。

特殊な技術と指導方法が必要なのでちょっとニッチな分野なんでしょうね。

ビジュアル的に奇を衒った方が登録いいねを稼げるんでしょうね。

そもそも刺身を作る人も少ないのかもしれません。

ですが絶対にチャンとした刺身の作り方に興味がある人いると思うのでちょっとこれからその辺に力を入れていきたいと思います。

さかなのさではより詳しく正確に指導

刺身の切り方はもちろん、刺身の盛り付け方、そもそも刺身サクのたち方などポイントを押さえてやれば初心者の方でもそれなりの出来栄えにできると思います。

食べてもらう人にハッと喜んでもらえるお刺身作りたいというみなさんの希望を叶えたいですね。

現状はテキストでのご案内

このサイト自体も手作りなのでなかなか大きなお金をかけてサイト改修を今すぐするわけにもいないのでもまずはできるところからやっていきたいともいます。

写真を添付してメールを送ってもらってそれに対してフォーマット化した書式でご返信する形と言うのはどうでしょうか?

そこのところは臨機応変に結果を受け取っていただけるように考えたいと思います。

ぜひ、ふるってご参加のほどよろしくお願いします。

実はYouTubeやっているのでうまいこと活用してやってみたいと思います。ちょっとお時間ください。

みなさん楽しみにしていてくださいね!

Sponsored Links

【お刺身添削】詳細情報 byさかなのさ

【刺身の添削いたします】簡単!費用無料!

自分が作ったお刺身を添削してほしい方はまずは、下記メールに連絡ください。

どこをどうしたらもっと美しく見せることができるかアドバイスさせていただきます。

3、4日少しお時間ください。添削後メールで返信させていただきます。

ただし、送っていただいた写真はお返しすることができませんのでコピーしたものを送ってください。

なお添削目的以外で使用することはありませんのでご安心ください。

管理はこちらの方でしっかりとさせていただきます。

また、送っていただた写真は添削返信後廃棄させていただくことにしています。

メールアドレスはこちら → info@sakananosa-com または問合せへ

参考記事 もっと刺身上手くなりたい!誰も教えてくれない7のポイント

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA