>> まずは読んでほしい記事がこちら ここをクリック! 
a

岩もずく(イワモズク、イシモズク) 普通のもずくと何が違うの?

生の岩もずく

みなさんはもずくにも種類があるのご存知でしたか?

もずくは大きく分けて、細もずく、太もずく、岩もずくの3種類に分かれます。

通常みなさんが普通に食べているもずくは太もずくです。

沖縄産のものが多いと思います。

もずくの約90%近くがこの太もずくといわれています。

暖かい海でたくさんとれるので特売品や目玉商品で使われます。

また、髪の毛のように細くてぬめりが多いのが細もずくです。

糸もずくという言い方もします。

以上の2つは主に沖縄などの暖かい海で採れるもずくです。

それに対して日本海の海底の浅い岩場で採れるもずくが岩もずくです。

絹もずくともいいます。

シャキシャキ感が強く歯応えが心地よいのが特徴です。

磯香りもしっかり感じられます。

今回生の岩もずくを食べて見る機会があったので紹介します。

Sponsored Links

岩もずくの基本情報

分類 ナガマツモ目ナガマツモ科イシモズク属                
名称イシモズク
別名・地方名岩もずく、イワモズク、
英語名
学名Sphaerotrichia firma(E,Geep)Zinova
分布海水生、浅い岩礁、岩場
備考・あまりたくさんとれない
・非常においしい

岩もずくはどんな海藻?

春から夏にかけて採れる海藻です。夏のイメージが強いもずくです。

細くしっかりしていてシャキシャキ感が心地よいもずくです。

で、ぬめりが少ないのも特徴です。

昔、佐渡の岩もずく酢を食べたことがあって、本当においしいもずくだなと感動した記憶があります。

なんか普通のモズクと違うんですね

結局、暖かい海でとれるのか冷たい海でとれるのかの違いです。

沖縄の太もずくも美味しいけどどちらかというともっちいとしていますがこの岩もずくはパリッというかシャキッというが食感がすごくいいのです。

そう、博多ラーメンのバリカタみたいな感じですか!

味付けは三杯酢なのでちょっとイメージが違うかな。でも食感はそんな感じです。

料理屋さんでメニュー見たら絶対頼むようにしています。

Sponsored Links

岩もずくのおいしさ

もずくは食物繊維が多くビタミン、ミネラルを豊富に含んだ自然食品です。

リッキー

日本海の冷たい海水で育つのでシャキシャキ感が違います!

シャキシャキした食感と磯の香りが豊かに口いっぱいに広がります。

今回は生の岩もずくをなにも味付けせず、つまんで食べてみました。

磯香りはそれほど強く感じませんでしたがシャキシャキ感と歯応えは確かにありました。

口の中で噛んでいると最後に海藻独特の苦味がありました。

生だからでしょうか?

普通は三杯酢などで味付けするのでこの苦味は気づかないとおもいます。

でもイヤな苦味ではないので特に問題はないとおもいます。

どうやって買う?

生の岩もずくは普通のスーパーには並ばないかもしれません。

市場風店舗とか魚専門店、地元の魚が売れている店などでたまに置いてあったりするくらいではないでしょうか?

値段は普通のもずくの倍くらいの値段になるかもしれません。

それだけの価値は十分あるとおもいます。

見つけたらぜひ購入してみてください。

ネットなんかだと、塩し岩もずくや冷凍したものが販売されているようです。

生タイプこれがオススメかな、

塩蔵品はこんな感じものがあります。

味がついたものはすぐ食べれて便利ですね。

Sponsored Links

最後に

この岩もずくの美味しさを知ってしまうとやみつきになってしまいますよ。

なかなか希少なもずくです。

夏場にサッパリ食べれるシャキシャキの岩もずくチャンスあったらぜひご堪能くださいね!

参考サイト ぼうずコンニャク市場魚貝類図鑑

<終わり>

トップページへ






注目の記事はこれ!
RIZAP COOK徹底検証

あのRIZAP(ライザップ)がクッキングスクールを開校! 一般の主婦にオススメなのか?魚捌きのプロがそのプログラム内容を徹底検証しました!

【ブロガー必見!】
思わず申し込みたくなるような文章で構成されています。実績多数。成約に導くまでの文章術がところどころに詰め込まれています。成約に悩むブロガー必見です!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA