魚を見ずに人で買え!




みなさん、初めまして。

『さかなのさ 』主宰のリッキーです。

実は本職は水産バイヤーをしておりまして、毎朝市場で魚と格闘しています。朝といっても3時過ぎからいっていますのほとんど夜中ですね。

私のいっている金沢の中央市場は日本で一番早い「競り」ということでam3:30から始まります。セリに参加する人たちは1時か2時頃にでて先に並んでいる魚群を品定めしています。

金沢中央市場は産地発送市場としてこのくらいの時間から競りをすることで北陸近隣の県にも午前中のうちの魚が届けることができるのです。

さすがに今はリッキーはそこまで早くはいきませんが以前セリに参加している時は2時起きして行ってました。

結構しんどいですが慣れれば朝早く起きないとかえって調子が狂いますね。

競りが終わるのが早い時は4時過ぎ、遅い時は6時近くまでかかる時があります。競りが遅くなれば遅くなるほどセリに参加している人たちの気が立ってきます。発送するときは4時半頃には荷物を出さないといけないので競りが遅くなるとそれだけ値段が落ちるのを待つわけにはいかなくなるからです。高いものでも買ってしまわないといけないのでみんなイライラしてきます。

競りが終わると競り落とした魚の箱を仲買達が自分の売り場へ移動させる作業が始まります。

特殊な台車を使います。通称ガラガラ。主にアルバイトの人や新人君たちが移動の役割を果たします。長い柄を持って引っ張っている姿をよく見ます。

仲買の店先に魚が並ぶとスーパーマーケットのバイヤーや回転すしのバイヤー、大手飲食店のバイヤー、温泉地ホテルのバイヤーが我先に仲買が競りで落とした魚を買い付けていきます。最近では街の魚屋さんはめっきり数が少なくなったようです。

リッキーも4時ごろから30種類ほどの魚と冷凍特種ものを順々に買い付けます。1時間くらいの間にやってしまわないといけないので1魚種に時間をかけていられません。大体5秒くらい。それぞれ一瞬だけ見て数をいって次の魚に移っていきます。早くしないと他のバイヤーに他の良い魚が持っていかれるからです。

最初の頃はトロ箱の蓋をわざわざ開けて魚の腹の部分を触ったりもったりして吟味していましたが最近ではしないようになりました。

確かに判断つかない時は腹を触ることはありますが毎日毎日買い付けにいっているとどこの産地でいつ取れたかさえわかれば大体わかるようになったからです。

それよりも大事なのは魚を売る人です。売る人の性格、正直さ、商いの考え方さえ分かれば一個一個魚を確認しなくても良いということに気づきました。

ということで最近では魚を見なくても売っている人さえ見れば魚の鮮度がわかるようになりました。おかげでほとんど失敗はなくなりました、




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA