>> まずは読んでほしい記事がこちら ここをクリック! 
a

電子レンジで加熱した魚はなぜおいしくないのか?

みなさん、お魚食べてますか?

最近はレンジ対応のトレーなんかも開発されてスーパーの魚売場でも簡単便利レンジ調理コーナーが充実しています。

時間のない主婦や家で火を使った料理をできない人にとってはとてもありがたい商品といえるでしょう。

ただ、お味の方はというと、ちょっとイマイチのような気がします。

普段から魚を食べている人だとレンチンで料理した魚はどうしても手が出ません。

脂ののっているおいしい素材を使っているのでしょうがなんか生臭いような気がします。

みなさんはそう感じませんか?

既に料理してある魚をチンするのはまだいいのですが生からレンジで加熱調理したものはおいしくないんです!

お肉なら大丈夫なのに魚だとなぜおいしくないのでしょうか?

Sponsored Links

焼魚のおいしさ

焼魚というのは魚を火で焼くことでおいしく食べられるようにする調理法です。

秋刀魚の塩焼き、塩サバ焼、鮭の塩焼き、赤魚西京味噌焼き、いわしみりん焼き、たら粕漬焼き

いずれも焼いたらおいしい魚ですね。

焼魚がおいしくなる理由は次の2点にあると思っています。

  1. 焼いたときに香ばしさ出る
  2. 焼くことで生臭い水分を取り除ける

これによって焼魚がおいしいということになるのです。

ちなみにもう一つ骨から出る旨みが身に染み込むというメリットもあります。

いずれにせよ火で炙った魚は純粋においしいです。

レンジでチンの問題点

それに対して、レンジでチンというのは電磁波によって対象物の水分の分子を振動回転させることで加熱して食べられるようにする調理法です。

これはこれで優れた器機だと思います。

単に温めるのであれば電子レンジも重宝すると思います。

また既に焼いてある魚をレンジでチンで温めるとそれなりにおいしいものです。

しかしながら電子レンジで生の状態から加熱調理するとなるとおいしくないのです。

なぜなら、

  1. 焦げ目がつかない。香ばしさもない
  2. 受け皿を使うため生臭い水分残ってしまう。

この点に問題があるからです。

確かに加熱されているのですが、おいしさはイマイチなんですね。

Sponsored Links

なぜ火で焼いた焼魚がおいしいか。

ここまで書くとわかりますね。

加熱して魚を食べるという場合に大事なことは、

焼いたときの香ばしい香りもそうですが

生臭い魚の余計な水分を身に残さずに網の下に落とす点がとても大事なのです。

例えば塩サバをを焼くときポタポタ余分な水分が下に落ちていっているはずです。

他の焼魚もそうです。

下にポタポタ落とすことで生臭さと余計なものを取り除いているわけです。

それに対してレンジでチンの場合生臭さが残ってしまうからおいしくなくなるのです。

ここが致命的なのです。

やはり火で焼いた焼魚には敵わないのです。

レンチンで加熱しておいしいものもある

もっともレンジでチンが食べ物としてダメだと言っているわけではありません。

強いていうなら鍋とかアクアパッツアのようなものならいいと思います。

それも濃いめの味で生臭さを誤魔化せるような料理がいいと思います。

あと生牡蠣はレンジでチンしてもおいしく食べられます。

殻を直火にかけると弾いたりして危険なのでレンチンの方をお勧めします。

いつもやってますが実際においしくできています。

Sponsored Links

まとめ

最初にも述べたように、レンジでチンはとっても便利です。

時間の節約になりますし、火を使えない人があったかい魚料理を食べれるという点には大きなメリットがあると思います。

ただ、あくまで焼魚ができない場合の補助的なやり方と考えてください。

魚を火で焼けるようならその方を優先にしてください。

特に子供たちに食べさせるときはぜひ直火で焼いてほしいです。

そのほうが断然おいしいわけですから。

以上のことからもレンチン商品が鮮魚売場のメインになることはあり得ないのです。

絶対生鮮魚には敵わないのです。

そこをわかっていないとマスコミや業界紙などのあおり情報に翻弄されてしまいます。

本質を見抜く目を持ってほしいのです。

<終わり>

\ 次に見て欲しい記事はこれ! /

トップページへ






注目の記事はこれ!
RIZAP COOK徹底検証

本気で魚料理を覚えたい人必見!

あの結果にコミットのRIZAP(ライザップ)がクッキングスクールを開校! 一般の主婦にオススメなのか?魚捌きのプロがそのプログラム内容を徹底検証しました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA