鯛の背開きのやり方 夏の塩焼きはこのやり方がおすすめ!







暑くなってくるとシオシオっとしたものが食べたくなりますね!

今日はいつもとちょっと違った塩焼きのやり方を紹介します。

開いて塩水漬けてから焼くやり方です。干物の一歩手前までのやり方です。

なぜこういうやり方をするかというとこのやり方は本来干物にするときにやるやり方ですが暑い夏だと外に干せないのでそのまま塩焼きにしてしまおうということです。

ただ頭をつけたままの背開きを覚えるとすると見た目もよく美味しくできるのでおすすめです。寒い時期なら最後に干す工程を入れて干物にしてください。

準備するもの

  • 天然の中鯛か小鯛
  • 塩15g
  • 水500㏄

これだけです。

寒い時期なら干物を干すネットなどあれば便利です。今回はすぐに焼いてしまうので不要です。

干すことで水分を飛ばすとさらに美味しくなりますが暑い時期に干すと腐ってしまう可能性があるので今回は塩したらそのまますぐに焼いてしまいましょう。それでも美味しいですから。

タイの背開きの仕方を覚えよう!

1.まずタイのウロコをひいてエラをとります。

2.次に、タイを背開きにします。

頭を背開きにするときは、まず、タイの首元を写真のように包丁の先で少し切ります。

固い骨に当たるところまでしっかり包丁を入れます。

3.次は背中に切れ目を入れます。

1回目は線をつけるだけでいいです。

頭を右にして背中を手前に持ってきて線をつけてください。

4.その線にそってもう一度包丁を入れます。

包丁の先を使って骨に当たるまで奥に包丁を入れます。そのあと一気に下の写真のように開きます。

エラは先に取ってあるので内臓も一緒に取れています。

5.開いたら内臓あった部分を水洗いしてカスを取り除きます。

できたらいらない歯ブラシ等で血合いなどもキレイに除去するといいでしょう。

塩水の作り方と漬ける時間

塩水は3%ほどがちょうどいいです。いわゆる甘塩です。

1000㏄なら30gほどなので、500㏄なら15gということです。

塩っけが足りない人は醤油をかけて食べてください。

魚の数に応じて水の量を変えてください。

その塩水に40分ほど漬けておきます。

途中塩水をかき回すと塩加減が均一になるので一度はやってください。

40分ほど漬けたら水を切ります。

完成

水分をキッチンペーパーで拭き取って出来上がり。

塩水にあてたので身がプリプリになっています。

あとは頭を焦がさないように強火の遠火で焼ければベストです。

まとめ

ぜひ今回この頭をつけた背開きを覚えてください。

見た目が豪華になるのでおすすめの開き方です。

開いてあるので身に塩も入りやすいです。

夏はこのまますぐに焼いてしまえばいいですが、寒い時期はこのあと寒風にあてて干せば、さらに旨みが凝縮して美味しくなります。

このやり方の難点は焼くときに頭の部分が焦げたり、中に火が通らなかったりすることがあるのでそこだけ要注意です。

そんなときはアルミホイルを頭に当てて焼くというのもいいでしょう。

<終わり>

おすすめ記事 お魚ぬいぐるみがあまりにリアルで笑っちゃった件可愛い魚のぬいぐるみ達

トップページへ







人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA