\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

スーパーの調理済み魚って本当に新鮮で便利なの?いつ調理しているんだろう?




大手スーパーマーケットに行くと朝から調理済みの魚が並んでいます。

お魚を捌けない人や台所が小さいとか汚したいくないという人にはなかなか便利なものですね。

ただ、こういう魚って古い魚使っているんじゃないか?と疑っている多いと思います。

本当のところはどうなのかをこの業界の裏の裏まで知り尽くしているリッキーが簡単に解説してみたいと思います。

Sponsored Links

朝から調理済みっていつしている?

今どきの人はあまり魚を調理しないから、

「お店の方でお魚のお腹を出した調理済みの魚をご用意しました。朝からしっかり準備できています。どうぞ今日のメニューにお使いください。」

ということで便利さを提供しているのでしょう。

ただ、この調理済みの魚を新鮮な魚でやっているのでしょうか?

いつ調理済みにしているんでしょう?

長年いろんなスーパーの魚屋の裏側を見てきたリッキーに言わせれば、

朝から出ている調理済みはほぼほぼ前日ないし古い魚です!

ということです。

特に大手スーパーマーケットは月曜日にこれをやるので注意してくださいということです。

元の魚は土曜日か金曜日の2、3日前のやつです。

私は絶対これをさせません。遅くても日曜日の売場に全部出してしまわないといけないと思っています。

リッキー

朝から調理済みの魚を出している店は信用しちゃダメ!

朝から調理済みの魚を出しているお店は信用しないでください!と言いたいです。

いわゆる大手スーパーがこれをやるから月曜日に魚が売れないという事態になっているのです。

本来、月曜日は市場あけの新しい魚を並べないといけないのにです。

便利なのになぜ定着しない?

昔から魚屋でよくある話。

とあるスーパーの偉い人が、

「これからの時代はみんな調理しなくなるから魚は全て調理済みにして出した方がお客さんに対して親切ですよ。朝から調理済みの魚を出しませんか?」

と声高らかにそんなことを言うのことがよくあります。

いかにも魚を買いにくるお客さんは便利親切にしないとと言わんばかりに。

リッキー

結局お客さんのためというよりお店の都合が優先されているんですね。

正直、魚のことわかってない幹部ですね。

確かに新鮮な魚が朝から調理済みででていたらそれは売れるでしょうし、時間のない主婦にとても喜ばれることだと思います。

しかし実際は調理済みの魚は令和の今の時代になってもあまり人気がないようです。

強いていうなら主の購入世代層が20代、30代という若い世代が利用しているなスーパーマーケットに朝から調理済みの魚が並べられているという場面がみられるくらいではないでしょうか?

しかしながら朝から調理済みの魚あんまり定着してないような気がします。

実際のところはどうなのでしょう。

本当に調理済みの魚は便利なものか?

本当に朝から出ている調理済みの魚は便利なものでないのでしょうか?

確かに事前に魚が調理してあれbばわざわざ対面コーナーに頼まなくてもいいし、並んでいるものの中から好きなものを選べばいいだけなので便利かどうかというと便利と言えます。

家に帰ってから調理必要もなくあったら楽ですからね。

しかし、私から言わせるとせっかく便利でも古い魚を使っているんであれば意味ないのではないですか!ということです。

そもそもその日入ってきた新鮮な魚をお腹出しをして売場に並べることができるのだろうかと思います。

もし本当に当日入荷した魚を調理して朝から売場に並べるとしたら、どんな風にしているんでしょうか?

朝からバックヤードに人がたくさんいて例えば調理済み専用の担当者が調理するとかいうなら可能でしょう。

もしそうでないなら朝から調理済みの魚を並べることは不可能だと思います。

なぜ朝から調理済みの魚が売場に並べられるのでしょうか?

では朝からなぜに調理済みの魚を並べられるのでしょうか?

理由は簡単です。

朝から調理済みの魚が出せるのは魚は前に入った古い魚を使うからです。

前の日の夕方に残りそうな魚をランランランと調理して明日用にと冷蔵庫にしまうのです。

それを次の日の朝パックに詰めて売場に並べるのです。

それなら可能です。

調理したものをなんでその日のうちに出さないのか!ということなのです。

そこまでして朝から調理済みの魚を出して便利ですよという意味あるのかなあと思います。

実際当日入ったばかりの魚を調理済みにして朝からルーティンで出せるところはほぼないといっていいです。

それをできる人員体制が整っているところは全国的にも少ないと思います。

ほとんどのスーパーマーケット、鮮魚店は朝市場で魚を仕入れると思いますが、新鮮な状態で入ってきた魚を値段をつけたり、陳列したりするだけでいっぱいいっぱいだと思います。

猫の手も借りたいような朝からわざわざ調理して出すということはまず日本のスーパーマーケットや魚屋さんではありえないでしょう。

無理だと思います。

そのために朝から魚を調理済みで出すために人員をわざわざ雇って対応するということも普通では考えにくいです。

それなら新鮮なまま頭の付いたまま対面に置いて売るかパックにして売ってしまった方が早いですもんね。

当日はいった魚の調理済みが出るのはせめて昼からの対応でいいと思います。

今言っていることは魚が豊富にとれる地方のスーパーマーケットの話ですよ。

ではそこまでして調理済みの魚が必要なのでしょうか?

言い方を変えてこんな風に聞いてみます。

鮮度がいいのと調理してあって便利なのとどちらがいいですか?

そう聞かれればみんな答えは、鮮度がいい方がいい、と返ってくるに違いありません。

まあ、魚の鮮度を気にしない人もいるかもしれませんがそういう人たちも前の日の魚と聞けば手を出すの躊躇するはずです。

これはいうまでもないですが調理済みの魚、結構鮮度落ちている事も多々あります。

実際罪なのは入荷が古い魚を調理しておいて平気な顔をしている大手スーパーマーケットの考え方だと思います。

冒頭の上司に朝から調理済みの魚を出せと言われサラリーマン的に従ってやっているお店なんかは最悪です。

上の人に出せと言われたから出すという答えしか返ってこないでしょう。

お客さんファーストで考えるなら前日入った魚を調理済みにしたなら、この調理済みの魚は前日入荷の魚ですとしてもいいはずです。

もちろん、そんなことしないでしょうから実際は自己都合が優先されているだけです。

古い魚を調理していることを知らずに新鮮だとかっていってくれた人を裏切る結果になっていることです。

選ぶ人が悪いんだよと言わんばかりです。

若い主婦とか鮮度の良し悪しわからないですよ。

そういった人を欺く行為とでも言えるのではないでしょうか?便利とかいって

Sponsored Links

結局のところ

今の流通事情を考えると調理済みででている魚は古い魚です。

ほぼまず間違いなく前日入荷か前々日の魚です。

だから朝並んでいる調理済みはほとんど古い魚だと思ってください。

リッキー

結局お客さんのためというよりお店の都合が優先されているんですね。

もし大手スーパーなどの担当者は朝から調理済みで魚を並べる場合、いつ入ったものか前日に入荷した魚なのかを表示した方が良いとおもいます。

お客さんファーストと言うならこれは必須です。

それか無理して朝から調理済み魚出さない方がいいと思います。

新鮮ならいいですが新鮮でないものを求める人はいませんから。

変に便利さをアピールすることもやめてください。ナンセンスです。

出すなら前日のものですと表示お願いします。

結論言えば、昼から出る調理済みの魚は新鮮なものあり得ますが、朝から出ている調理済みはほぼほぼ前日ないし古い魚です。

<以上>

関連記事 なぜコープおおぬかの魚が絶大に支持されてこれだけ近隣の人たちを惹きつけるのか?魚が売れるのにはわけがある!

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA