\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

ウロコ取り 超絶オススメ!ステンレス藤次郎にしてよかった話




みなさん、お魚捌いていますか?

リッキーも毎日のように鯛やぶりをおろしています。

今回は毎日使う調理器具ウロコ取りについての悩みとそれを解決してくれる商品の紹介をしたいと思います。

※ここではウロコ取りのことをウロコ引きと表現する場合があります。同じものとしてご理解ください。

Sponsored Links

ウロコ取りを使う上での毎日の悩み

最近魚を捌いていてよく思うのは調理器具で木製の柄のものはダメだなということです。

今まで当たり前だと思って普通に木製の柄の調理器具を使ったりしていたのですが、これって見た目も汚くなるし、長く使っていると非常に気が滅入たりします。

なんでかというとしばらく使っていくと木製の柄の部分が水分をふくんで朽ちてきてボロボロになるからです。

結局衛生的でないんですよね。雑菌だらけですからね。

もちろん、毎日柄も掃除したりします。

ウロコもついたりすると擦り取るのですがそうする防水部分も剥がれてまたボロボロになっていきます。

最後になると握るとなんかフニャフニャなっていたりして気持ち悪いのです。

包丁はもちろんですが、ウロコ引きも同じです。

どれも木製の柄のものは長い間使っているとだんだん汚くなっていくのでなんとかならないものかと思っていました。

もうひとつ、木製の柄ものは使っていると構造上ヘッド部分がグラグラし始めるいう悩みもちょっと解決したいことです。

で、包丁についてはこの前解決させることができました!

>>包丁についての解決記事はこちら

今回はウロコ引き、ウロコ取りをなんとか解決したいと思います。

木製の柄のウロコ引きが使われる理由

  1. どこにでも売っている
  2. とりあえず安い
  3. 昔からある

どこにでも売っている

なんで木製の柄のウロコひきが使われるかということ、どこにでも売っていて買いやすいからです。

ホームセンターや金物屋にいけば大抵売っています。

②とりあえず安い

しかも、値段も安いです。500円しない値段で売られているのでとりあえず買いやすいのです。

なので、昔から魚屋さんは木製の柄のウロコ引きを使っているのです。

③昔から使っている

なによリも長く使ったらどうかとかは考えずとりあえずあるものを使うということなんだと思います。

しかし、上記のように長く使っているといろんな問題が出てくるのです。

たかがウロコ引きですが、毎日のように使っている人ならやっぱりなんとかならないか悩むわけです。

オールステンレスのウロコ引き見つけました!

で早速、柄のところが朽ち果てることのないのステンレスのようなウロコ引き、ウロコ取りがないものかとネットで探したら見つけました!

それがこれでした。

それもよくよく見ると上でも紹介した包丁と同じメーカーのものでした。

偶然だなと思いつつやっぱりその辺の同じ悩みを持っている人はいるんだなと思ってしまいました。

メーカーもそれに対応ようと考えてくれていたんですね。

ありがたいと思いました。

ただ、見ただけでは実際使い勝手がどうなのかわかりません。

実際に購入して使ってみました!

なので実際にその商品を購入して使ってみることにしました。

※ついでに他のも全部ステンレスにしてしまいました。

最初の感想としては柄の長さが少し短いような気がしました。

これだとタイやスズキをおろすとき背ビレが危なくないかなと思いました。

ただ、その心配は杞憂でした。

特別短く持たない限りとりあえず背鰭に当たることは今ままでないので大丈夫かなと思います。

リッキー

ウロコを引いていて怖いのはやっぱり持ち方でタイやスズキの背ビレが指に突き刺さるということです。

激痛どころの騒ぎでないです!

先に背ビレを落としておいた方がいいかもしれません。

一番気になるウロコの取り具合です。

というのはウロコ引きので大事なところをは魚の魚体を傷つけない歯かどうかなのなです。

ウロコ引きの歯の部分が鋭角的だと魚の体表を傷つけてしまうのです。

その点も問題なく木製の柄のものと一緒でした。感覚的には。

大きさも違和感なく普通にウロコが取れました。

同時にウロコを引くスピードにも全く影響なくサッサっとできました。

ヘッドの角度も問題ありません。

このウロコ引きのメリット

この藤次郎のステンレスウロコとりのメリットがスゴイです!

  1. なによりも、安定感が抜群にいい!
  2. 柄は半永久的に朽ち果てることはない
  3. 清潔感がある
  4. にぎりごごちがいい
  5. コストパフォーマンスは抜群にいい!
  6. ヘッドがグラグラすることはないのは非常に使いやすい
  7. 安定感がある
  8. ヘビユーザーは絶対お得!

実際使ってみた感想も含んでいます。

嬉しいのが一度買えばもう二度と買い直しする必要がないという点です。

このウロコ引きのデメリット

特にないですが強いていうならこの点をあげておきます。

  1. 気持ち柄の長さが短いような気がする
  2. 価格が若干高い

①柄の長さ

これについては上述の通り、慣れれば全く問題なくなります。

②価格

確かに木製の柄のものから見たら高いようです。

とはいっても一度買えばもう買う必要がなくなるのでヘビーユーザーは逆に安上がりです。

使って3年たってからの感想

正直、3年使ってみて思ったことは、もう木製の柄のものには戻れないということです。

換えてよかったと思いました。

なによりもヘッド部分がグラグラしないというのはすごく気が楽です。

木製の柄の時は使っているとヘッドの部分がグラグラして最後にはスッポ抜けたりしてました。

結構怖いんですよね。このグラグラって危険なのです。

それが全くないのはすごくいいものです。

あと、あれからウロコ引き交換するということはありません。コストパフォーマンス本当にいいと思います。

木製の柄であれば使う頻度にもうよりますがもう2.3回は交換しているはずです。

これからも交換する必要ないので非常に経済的だともいます。

100円均一のウロコ取りを使ってはいけいけない理由 〜おまけ

おまけです。

別に100円均一店を悪くいいうつもりは全くないです。

役に立つ商品も多いですがウロコ弾きについてはちょっと注意してください。

100均のウロコ引きは使わない方がいいです。

なぜなら、魚の体表がガチャガチャになって傷つくからです。

先ほども述べたようにウロコひきのヘッド部分の突起が鋭いと魚の体表を傷つけることがあります。

100均のは突起にしてあるだけなので鋭いのです。

だから安いのだと思います。

Sponsored Links

最後に

毎日使うものは見た目に清潔感があった方がいいですね。

できるだけコストを下げるというのもわかりますが結局高くついてしまうものもあります。

そんな意味で今回は発想をすこし換えてみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。

\ こちらも見てね! /

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA