\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

イトヨリ 魚の中でもトップレベルの美しさを誇る魚 主に西日本で獲れる関西人気魚




北陸ではあまり馴染みのない魚ですが、たまに市場に並んだりしています。

この魚を見るたびその美しさに息を呑むといった感じです。

おそらく魚の中ではトップクラスの美しさを誇るといっても過言でないと思います。

甘鯛のピンクを薄くしたような地肌に黄色い線が6本走る様子はまさに貴婦人とさえ表現できそうです。

ただ、日本海ではあまり獲れない⁈のか実際私も食べたことないので味については正直なんともいえないところです。

西日本方面の方のほうがよく知ってらっしゃる魚だと思います。

今回はこのいとよりについて見てましょう。

Sponsored Links

イトヨリの基本情報

分類 スズキ目イトヨリダイ科イトヨリダイ属                
名称いとより、イトヨリ
別名・地方名イトヒキ
英語名Golden threadfin bream
学名Nemipterus virgatus(Houttuyn,1802)
分布海水魚 主に西日本
主な漁法釣り、延縄漁
備考・練製品にも使われる
・黄色い線が6本あるといわれている

イトヨリはどんな魚?

通常イトヨリといってますが調べてみるとイトヨリダイと鯛をつけて表現しているものも多いです。

正式にはイトヨリダイというようですがもちろん、タイ科の魚ではありません。

もちろん、といったのはこのブログですでに鯛という名前がついていてもタイ科の魚でないものがありますよと以前紹介しているからです。

このイトヨリダイもタイ科ではないのでいわゆる鯛ではないということになります。

関西で好まれる魚ということです。

沖縄でもよく使われているようです。

この辺は今後情報追加していきます。

おいしい食べ方は?

実は水分が多めのようなので、少し塩してから使った方が良さそうです。

蒸し物、ソテーなど料理屋さんで使われることが多い

煮崩れしやすそうなので煮付けにする際はちょっと注意が必要な感じです。

写真の煮付けは滋賀県にいったときにとあるスーパーで売っていたものです。

けっこうキレイに煮付けてありますね。

これなら見栄えがします。

どうやって売る?

私自信買い付けしたことがないので相場感が分かりませんが高そうな感じです。

今度市場の人に聞いておきます。

Sponsored Links

最後に

すみません、扱ったことない魚もこうやって記事にしています。

というのも後々扱う可能性があると思うのでそうしたらまた情報追加していこうと思っているからです。

やっぱり実際におろして料理した写真があったほうがもっと皆さんのお役に立てますもんね。

今はこうやって魚の情報提供するための土台づくりをしています。

ここから魚ごとの記事にリアルな調理方法などを付け加えていくとより内容が充実してくるんだと思います。あくまで実践むきの内容にしたいです。

このイトヨリもFBなどで四国の魚屋さんとかがよく投稿したりしていたので扱ったことない割に親しみがある魚と思ってました。

ということでこれからも内容充実させていきますので「さかなのさ」お付き合いのほどよろしくお願います。

参考サイト ぼうずコンニャク市場魚貝類図鑑

\ 次の記事はこれ! /

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA