>> まずは読んでほしい記事がこちら ここをクリック! 

魚捌く包丁を買うならこれ!【主婦必見】プロがすすめる究極の1本!刺身もOK




リッキー仕事柄一般の主婦の方にいい包丁がないか聞かれることがあります。

魚をさばくのに主婦の私にも使いやすい包丁ないかしら?

軽くて使いやすい包丁はどうやって選べばいいの?

一本の包丁で全部間に合う包丁ってないですよね?

とよくこのような質問をいただきます。

毎日のように包丁を使うわけですから、できるだけ使いやすい包丁があったらいいですね。

しかも何種類もでなく、一本だけあればいいですよね。

今回はそんな包丁選びで悩む主婦の方に、毎日楽に使えるという視点でおすすめできる包丁を紹介してみたいと思います。

なかなかいい包丁と巡り会えない

魚屋に聞くだけあっておそらく魚を料理する機会の多い方々なんだとおもいます。

特に魚は骨があって固いということなので包丁選びはなかなか悩みどころのようです。

その包丁の選択によって毎日の家事がひどいものになるか楽しいものになるか変わるわけですから慎重になるのもわかります。

とはいっても一般の主婦の方は限られた判断材料しかないでしょうからなかなかピンポイントですぐれた包丁とめぐりあえるのは至難の技なのかもしれません。

実際包丁選びを失敗して高額の包丁を扉の中にしまいっぱなしなんて話もよく聞きます。

ちょっともったいないですね。

とにかく必要以上にいい包丁を選ぶからかもしれません。

台所で使えればいいんです!

けれどプロ仕様の包丁がいいと言われるとなんかいいような気がしてススメられたままに買っちゃうんですね。

たとえばYahoo!知恵袋を見ていてもプロが使うような長くてしっかりした包丁をすすめるアドバイスとかよくみたりします。複数あった方がいいとか。

確かに仕事でするならそれでいいのかもしれません。

台所で使うのに高級なプロ仕様である必要は全くありませんよね。まな板も一つしかないわけですから。

せっかく買っても使えずじまいでは非常に残念ですね。

特に重い包丁を選んでしまうと最悪です。

料理すらおっくうになってしまいます。

細腕の主婦が無理して使っても腱鞘炎になるだけです。

そもそも魚で使う出刃包丁は基本重いですからね。

勧められるがままに立派な出刃包丁を選んでしまうと泣くに泣けない状況になってしまいます。

そこで今回毎日魚を捌くリッキーが主婦の方にも使いやすい包丁を紹介したいと思います。

しかも迷わなくていいようにコレは!という究極の1本だけ紹介したいと思います。

なぜリッキーこんな感じで自信を持って紹介できるかというと理由は簡単です。

実際に仕事でリッキー自身自分で使ってみてとっても使いやすいと思ったからです。

それもプロの視点でなく魚を買われるお客さん=主婦の視点で感じたということです。

とても軽くて女性が使っても使いやすいだろう思いました。

しかも素材がしっかりしているので魚をおろすのに最適だと思いました。

さらに魚だけでなく野菜や肉も切りやすい優れものなので主婦の方にうってつけだと思ったのです。

今度聞かれたらコレをおすすめしよ!っておもったわけです。

なので魚を捌く包丁のご購入をご検討されている方は一度この記事を読んでから判断してほしい思います。

買わなくても読んでいただけるだけで包丁選びのポイントがわかると思います。

まずは間違いない包丁という視点でご覧いただければ幸いです。

とにかく1本だけですべて間に合う包丁はないの?

その前に確認です。

みなさんは包丁をいくつも持って魚の種類や部位よって使い分けるようということではないですね。

確かにいろんな包丁があるというのも便利なのかもしれません。

仕事で使うならいろんな包丁を作業に応じて使い分ける必要が出てくるのかもしれません。

しかしながら今これをご覧になられている方はほとんど主婦の方だと思うので1本の包丁でなんとかならないの?というのではないでしょうか。

包丁だって高いものだし、それを数本もてばそれだけお金がかかるわけです。

まな板も一つということだとおもいますし、そんな用途に合わせて何本も包丁を用意したいということではないと思います。

普段からいろいろ頭を使って家計をやりくりしている主婦にとっては出来るだけ大きな費用はかけたくないですね。

またたくさんおすすめされたところで結局どれを選べばいいのと考えるのも億劫です。

ということで今回は可能なかぎりいろんなものに使える1本の包丁を紹介させていただきたいとおもいます。

いろんな魚をおろせる究極の包丁は存在しました!

しかし、いろんなお魚をおろせる包丁ってそんな都合のいいものあるんでしょうか?

それも1本で全てを間に合わせられる包丁って本当にあるのかな?ということですね。

それが実はあるんです!

大小いろんなお魚をおろすことができる包丁があるんです!!!

しかも野菜やお肉まで切ることができる超好都合な包丁が!

なぜリッキーはそんな自信を持って言えるの?って不信感たっぷりの眼差しで見ないでください。

本当です。

今回おススメするのは両刃の洋包丁ということになります。

本来魚屋で使うのは片刃の出刃包丁ですね。

これは魚に硬い骨があるから片刃を使うのです。

しかし、なんで両刃の洋包丁をお勧めするのでしょうか?

実際リッキーも使ってみて使いやすいと思ったからです。

心配していた骨に引っかかるということも全くないということがわかったからです。

これなら魚も大丈夫だし、肉や野菜ももちろん大丈夫だと思いました。

しかも小さくて使いやすい包丁です。

腕の力が弱い女性でもおそらく使いやすい包丁だと思います。

硬さも十分魚の骨もしっかりと切れてます。

オススメの包丁はこれ! 〜まずは実物を見てみましょう!

では、その包丁はどんなものなのでしょうか?

まず先に商品をお見せしますね。

新品の状態のものです。

さすがにキレイですね。

この包丁のメリット

この包丁のどこがおすすめなのでしょうか?

一言で言うと、

爽快にありとあらゆる魚をおろせる

包丁ということです。

そもそも魚をおろすときは出刃の和包丁でないとと思っている人も多いという話は先程しましたね。

ところがリッキーがオススメする包丁は両刃の洋包丁なのです。

では、なぜこの両刃の洋包丁をオススメとするのでしょうか!

まずはこの包丁のメリットを見ていきましょう。

この包丁のメリット
  1. 包丁の短さ 〜使いやすい
  2. 包丁が軽い 〜疲れない
  3. 包丁のちょどよい厚さ 〜厚すぎもなく薄すぎということもない
  4. 包丁のしっかりとした硬さ 〜 魚の骨に耐えられる硬さ
  5. 包丁の清潔感 〜柄がくさらない
  6. 包丁に安定感がある 〜刃がすっぽ抜けることもない
  7. 包丁の半永久的寿命 〜生涯使い続けることも可能
  8. 刺身はもちろん、肉や野菜も切りやすい。

1.包丁の短い 〜使いやすい

まず、長さは使いやすさという点で最も重要です。

17cmということです。これは魚をさばく包丁としては短い方です。

包丁の選び方をネットで検索すると長い包丁の方がいいという記事もあります。包丁が届かない時があるんじゃないかと思うかも知れません。

しかし実際使ってみてください。短い方がどれだけ取り回しが楽かということを。短い包丁で事足りることもすぐにわかります。

家庭の台所では長い包丁を使う必要性が全く必要ないと思います。

短い包丁でも刺身から全て対応できるものです。全く不都合ありません。

ネットで検索したりものの本を読むと包丁は長い方がいいと言われているものも結構あります。

確かにある程度熟練者であればそうなのかもしれません。

しかし、包丁を初めて使う、使い慣れていない方にとって長い包丁はやりにくいの一言に着きます。

リッキーの実体験としてつくづくそう思います。

業務用で使うときですら、短い包丁の方が使いやすいものです。

そもそも長い包丁を使うときは広い余裕のある空間が必要です。普通の家庭の台所ってそんな広い空間ありますか?

カッコつけて長い包丁にしても家庭では文字通り無用の長物なのです。

逆に危ない!とさえいえるのではないでしょうか!

2.包丁が軽い 〜疲れない

おろすとき包丁に勢いをつける場合重い方がよさそうです。

しかし、家庭で使う包丁は軽いのに限ります。断言できます。

いくら魚をおろすのに出刃がいいといっても細腕の主婦にあの重い出刃が必要かということです。

持つだけで重いと感じる包丁を使う憂鬱感って決して味わいたくないものです。

手首が疲れるし、長い間使っていくととても苦痛に感じるものです。

板場でならともかく毎日使う家庭の台所でそこまでの試練は全く必要ないです。

絶対に軽いものを使った方がいいに決まっています。

この包丁は比較的軽いほうなので本当に使っていて疲れません。

それでいて次に説明する厚さ硬さを兼ね備えています。

これで十分でないでしょうか。

3.包丁のちょどよい厚さ 〜厚すぎもなく薄すぎということもない

今話したように重いのはダメだとしてもかといってペラペラで軽いのももっとダメです。

2〜3千円ほどの包丁もありますが薄くてペラペラです。

わ〜!安いわ!といって飛びつかないでください。

逆に薄い包丁は非常に危険です。

魚は力を入れることがあるのでペラペラだと少し力を入れるだけ折れそうで非常に怖い思いをします。

だいたい柄を持って包丁を下に押し当てると曲がる包丁はダメな包丁です。

魚の場合はそういう包丁は絶対に避けてほしいです。

かといって厚すぎる包丁は先ほど述べたように使いづらくなります。

おろしにくくなります。もちろん重いです。

特に刺身用の皮むきをするときに厚い包丁は最悪です。

どんなに上手な人でもやりにくいはずです。

その点この包丁は適度な厚みもあり厚すぎもなく本当にちょうどいい使いやすい包丁だと思います。

実際リッキーが使ってみて魚を捌くのに本当にちょうどいい厚みだと思ったからこうやって紹介しているのです。

スッースッーとおろせます。

この点で早くもなかなか巡り合えない包丁だと思いました。

みなさんにオススメする理由もここにあります。

まさにスッースッーとおろせる包丁を探してましたのでこれと巡り会ったときは嬉しかったです。

4.包丁のしっかりとした硬さ 〜 魚の骨に耐えられる硬さ

今ほどもいいましたが魚の場合は包丁の安定感ってすごく大事です。

特に魚は骨が硬いですから。

ただ軽いということだけというのもちょっと問題だというのは先ほど説明しました。

素材が柔らかすぎて多くの場合ちょっと心配です。

安い包丁は材質自体が柔らかいものを使っていたりします。

家庭用ステンレスの包丁なんかイメージするとわかりやすいですね。

軽いけどペラペラでおろしていると折れてしまいそうな感じ。

折れそうだと思ってやるのは非常に危ないです。

薄くても硬ければいいですがだいたい安いものには硬さはないものです。

ところが、この包丁は素材がしっかりして硬いです。

正直どんな材質を使っているかはリッキー興味ありません。

使ってみてぶりの骨に耐えられるかがわかればいいいのです。

実際この包丁は10kgを超えるでかい天然ぶりでも問題なくおろせました。

実際三枚おろしにしても包丁が身の重量に負けない硬さがありました。

包丁に硬さがあって安定感あるということは非常におろしていて楽なものです。

使ってみて楽でした。

使ってみてそれが確認できました。これで十分なのです。

5.包丁の清潔感 〜柄がくさらない

一般的な出刃包丁のイヤなところは柄が木製というところです※正確にいうと木製でないものもあります。

柄が木だと長い間使っていると朽ち果てたりします。

最悪な状態ではカビなんかも生えたりして汚くなります。

これも憂鬱なんですよね。

キレイなものを使いたいですから。

この包丁はその点全く気を使わなくていい包丁です。長期間使っていても洗えばピカピカのままです。

6.包丁に安定感がある 〜刃がすっぽ抜けることもない

似たような話になりますが、長い間使って柄が朽ちて刃が外れたりした経験はありませんか?

木製の包丁だとそれがあります。木の柄に包丁の鉄を差し込む構造だからです。

非常に危ないし、柄を付け替えたとき柄と刃がバランス悪くなったりするしメンテも大変です。

この点からも柄と刃が一体となっている洋包丁の方が圧倒的に管理しやすいですね。

ここも長く使っていると非常に大事なところです。

7.包丁の半永久的寿命 〜生涯使い続けることも可能

これらを総合して考えると、半永久的に使える包丁と言っても過言ではないと思います。

そう考えると非常にコストパフォーマンスが高いとおもいませんか?

少なくともそばに置いておいてジャマになるというようなことはないとおもいます。

それどころか自分の手のようにスッスッと動いて思い通りの動きをしてくれてる頼りになる存在になってくれると思います。

ただし、包丁研ぎはしっりしないといけません。

両刃を研ぐことによって片刃のようにしていくわけですから。

また、実際の調理でも冬はたら、春はたい、夏はすずきの骨や残を切るのでボロボロになってしまいます。

まあ、刃こぼれするとリカバリが大変ですよね。

荒砥 → 中砥 → 荒砥 → 中砥 の応酬。

意外とこの包丁はなんとかなっています。ちょっとびっくりしています。

8.刺身はもちろん、肉や野菜も切りやすい

もう一つ付け加えておくと、魚以外も切れます。

今はおろしもの中心なので刺身はしていませんが、今使っている包丁で刺身もします。

というのも片刃の出刃は魚を三枚おろしにするにはいいのですが、それ以外は使いにくいものです。

出刃包丁の難点は真っ直ぐ下に切れないという点です。刃の性質上力を入れると自然に曲がっていくのです。

これは特に硬いものを切るときにわかります。

しかも厚いですから根菜とか途中で切れるというより割れたりするのです。

みなさんも経験ありますね。大根が途中から切るのでなく割れてしまったという経験あると思います。

その点、この包丁は両刃の洋包丁なので今言った刺身も切れますし、肉や野菜も切りやすいのです。

この包丁のデメリット

この包丁は本当にいいところばかりなのか?ということですね。

これから長く使える包丁を選ぶとして、

やっぱりこの包丁のデメリットも見ておく必要があります。

リッキー正直にいっちゃいます。

価格 〜1万数千円が高いか!

最初に行っておくとこの包丁は1万円数千円ほどします。

ホームセンターで買うと2、3千円で買えちゃったりしますのでそれと比べると確かに一見高いようにも思えます。

しかし、ホームセンターで売っている2、3千円の包丁はあくまで簡易的なもので骨の硬い魚をおろすのには向いていません。いってみればペラペラです。

何よりも薄いのでそれで魚をおろすと危ないです。

また、同じホームセンターでちょっといい包丁を見ると3〜4万円くらい平気で値段ついていたりしてビックリします。

いい包丁はそこそこのお値段します。

結構高いですよ。

しかもホームセンターで買うときの難点は包丁を試し切りできないまま買わざるを得ないです。

使い勝手とか書いてあることもないので判断材料が全くないことなります。

使い勝手悪ければそれこそ泣かないといけないですよね。

かといって全部買ってみるわけにいかないです。

この点紹介した包丁は実際にリッキーが使ってます。しかも仕事で。

この包丁は毎日魚を捌く魚のブロが主婦の目線に立ってこれならオススメ!と思った包丁です。

実際にリッキーが使ってみた感想や事例を紹介しているので判断の役には立つと思います。

またちょっといい包丁が3、4万円する包丁するのに比べ、これだけ使える包丁が1万数千円なら非常にお得感もあると思います。

おそらく家庭で使うなら半永久的に使えると思います。少なくとも20年くらいは楽に使えるでしょう。

絶対コストパフォーマンスがよく長い目で見れば非常にリーズナブルだと思います。

1万円強という価格はむしろメリットのようにも思えてくるくらいです。

今回は皆さんも使い慣れているAmazon、楽天、yahoo!ショッピングなど有名なサイトを選んで利用できるのでその点も安心です。

両刃の包丁という点 〜魚包丁イメージでいうと片刃の和包丁

本来魚には骨があるためそれに引っかからないよう片刃の包丁を使うのが正しいです。

しかも硬く厚みのある出刃が一般的です。

しかし、今回おすすめしているのは両刃の洋包丁です。

一見デメリットにも思えます。どうなんでしょうか?

この点については先程も述べましたが使ってみて骨に引っかかるようではまずいということです。

実際使ってみるとなんの違和感もなく魚を捌けるというのが率直な感想です。

確かに最初使ったばかりのときは出刃に慣れていたので感覚をつかむのに違和感ありました。

だいたい2週間ほどは違和感あるかもしれません。

ただそれは包丁を変えたことによる違和感なんだと思います。

使い慣れれば全くといっていいほど違和感なくなります。

むしろ軽くて使いやすいってこんなに楽なものかと思ったくらいです。

また、両刃とはいえ片方だけ研いでいけばだんだん片刃に近い感じになっていきます。

むしろ片刃は使っている人はわかると思いますがどうしても刃の特性上厚みのあるものを切ると真っ直ぐおりていかず途中から曲がっていくという特性があります。

むしろこれの方が初心者の人は使いにくいはずです。

また両刃ならそれもなくしかもお肉や野菜も切りやすいのです。

これ1本ですべてをまかなえてしまうのです!

すごく便利じゃないですか!

長さが短いという点

モノの本を見ると特に刺身を切るときは長い包丁の方が良いと書いてあったりします。

ただ、あじの刺身やふくらぎ(ぶりの幼魚)の刺身を切るのにそんな長い包丁必要ですか?と思います。

そぎ切りする白身のタイですらそんな長い包丁なくても切れます。

広くもない家庭の台所のしかも大きくもないまな板の上で刺身を切るのに長い包丁って全く不要ですよね。むしろ邪魔で危ないとさえ言えます。

これは言葉は悪いですが刺身=長い包丁というイメージに惑わされているだけなのです。

むしろ小さくて軽い包丁の方が家庭では絶対にいいのです。

仕事でも短い方が使いやすいわけですから。

そうはいっても17cmの包丁で10kgを超える天然ぶりをおろせてしまうのです。

幅広の2kgくらいのヒラメの皮むきも3枚おろしでできるくらいですから短いと不便を感じることはありません。

みなさんにそれをやれとはいいませんがそれだけ大きな魚でも全く支障がないということなのです。

大きな魚のアラ処理は無理

ただ大きなタイやブリ自体をおろすことは問題なくできます。

しかしそれらのアラはさすがに割れません。

ブリでいうと6kg以上、タイでいうと2kg以上です。

実際やってみましたが無理でした。

押さえる手のところが危ないのであきらめましょう。

さあ、それでは実際に使っているところ見てみましょう!

もともと対面で小魚の処理用としてこの包丁を選びました。

ところが思いのほか使い勝手が良かったのでちょっと刺身を切る時もこの包丁を使ったりしています。※本格的にするときはたくさんしないといけないのでさすがにもうちょっと薄めの刺身包丁を使いますよ!

小魚をさばき具合は?

軽いからサクサク小魚調理していきます。

切れ味もいいです。

今まで使った包丁の中で一番使いやすいと思いました。

ふくらぎ(ぶりの幼魚)などの三枚おろしは?

ふくらぎ(ぶり幼魚)もこんなにキレイにおろせるし、キスも失敗することもなく皮剥きできました。

刃が厚くないため非常におろしやすいです。

ふくらぎやさば、あじなど三枚おろしはお手の物でスイスイ手際良くおろせてます。

10kg以上の天然ぶりもおろせてします!

この前はこの包丁で13kgの天然ぶりをおろしました。いけるかなと思いながらやってみたこの包丁で三枚おろし皮むきまで出来ちゃいました。意外といるもんだなというのが率直の感想です。

おそらく15kgくらいまで行けるのではないでしょうか?

これは5kgの養殖ぶり

それにこの前は3kg近いの天然ヒラメを三枚おろしにしました。

本来大きなヒラメは5枚おろしにするんでしょうが、私は3kgまでは3枚おろしで行くことにしてます。縁側もしっかり残りますよ。失敗したことはありません。

このヒラメもこの包丁でおろしたものです。

それもこの17cmの包丁でさばくんですよ。(笑) 本当に!

ちょっとコツが入りますけどね。ここはわかる人にはわかるところです。

それだけこの包丁が使いやすいということでもあります。

結構使い込んだので幅が短くなっていますが、新品はまだ幅がもう少しあります。

さっき言ったようにたとえ17cmと短い包丁だとしても13kgの天然ぶりや3kgの平目の重さに負けない安定感があるわけです。

実は刺身も切れるんです!

この包丁で刺身まで切れます!

実際この刺身はこの包丁で切りました。

上手い下手がわかりやすいしめ鯖でもこんな感じに切れました。

ちゃんと切れてるでしょう!

家庭でもこの一本で刺身までいけちゃうんだったら非常に便利です!

極め付けはこれ!カニすら切れてしまいます

硬い殻のあるカニはしっかりした包丁でないと切れません。

この包丁はこれだけ硬いカニのからもスーッと切れます。

重くもないし硬いしこれだけしっかりした包丁は本当に使いやすいです。

まとめ

この包丁一言でいうと、

メチャクチャ使いやすい!

です。

なんと言っても軽いのがいいです。

しかも刃の厚みがそんなにないのにかかわらずしっかりとした硬いさがあるので非常に使いやすいと感じました。

1本1万数千円でこれだけのパフォーマンスを発揮してくれるのは非常に嬉しいものです。

おそらくこの包丁を知らずにいい包丁を買っていたら重くて分厚いものを選んでいるかもしれません。

普通の料理をするのに大変な思いをされているんだろうなと思います。

今まで見たようにこの包丁のスペックの良さはもうお分かりいただいたと思います。

なかなか都合の良い包丁って出会えないんですよね。

決して高い買い物ではないような気がします。

これから魚をおろす包丁がほしいと思っている方は是非この包丁を検討してみてください。

1本の使いやすい包丁を一発で的中させたい方には絶対この包丁です!

では快適な魚食ライフこれからもお楽しみください。

藤寅作 洋出刃 170mm FU-615

参考記事 正しい包丁の研ぎ方を教えて下さい キッチン編

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA