>> まずは読んでほしい記事がこちら ここをクリック! 

ホキ あなたも知らないうちに食べてるかも?! 超レア魚体画像付き




「ホキ 」という魚知っていますか?

写真を見る限りなんか怖そうな魚ですね。

見たこともなし、食べたこともないと思う魚です。

しかしながら実はみなさんもおそらく食べている魚だと思います。

えっ? 食べるはずがない!ですか?

いえいえ、実はこのホキ食べているのです。

今回はそのホキのこと詳しく見ていきましょう。

町の魚屋さんはもとよりスーパーマーケット鮮魚担当の人でもなかなか見たことがないと思います。

Sponsored Links

ホキの基本情報 超レア画像

分類 タラ目マクルロヌス科ホキ属 ※かつてはメルルーサ科         
名称ホキ
別名・地方名
英語名hoki,blue grenadier,whiptail
学名Macruronus noveazelandiae(Hector,1871)
分布オーストラリア南部からニュージーランド
主な漁法
備考・見た目がグロテスクな深海魚
・世界規模で使われる食用魚
・寿命は12〜14年

ホキ 知らないうちに食べてるかも

白身フライという料理ありますね。タルタルソースのついた魚フライ。

実はこのホキ、白身魚フライの原料なのです。

白身魚フライといった場合、タラとかイメージしますね。

人によっては鯛とか使っているんじゃないの?という人ももしかしたらいるかもしれませんね。

でも1個50円くらいとか5個で298円とかでボリュームパックになったの見たことないですか?

タラとかタイとかでやるときはそんな安くはなりませんね。

そんな値段の時はおそらくこのホキが使われること多いと思います。

おいしかったでしょう。安かったでしょう。

おそらく表示もチャンとされていたと思います。

それならそれでいいのかもしれません。

おいしい食べ方

フライやソテーにして食べるとおいしい。

上品でいやみのない淡白な味とのことです。

この顔からは想像しにくいですね。

ホキ を原料とした商品

白身魚フライは有名です。

そのほかにマクドナルドのフッシュフィレオの原料にこのホキが使われています。

Sponsored Links

最後に

いかがでしょう?ちょっと怖い顔をしていますね!

なかなかお目にかかれない超レア画像展示会に並んでいたのでリッキー思わず写真と撮りました。

結局惣菜とかで安く売っている白身フライはこのホキが使われていることが多いというイメージです。

一応こんな形で流通しているよという意味で商品紹介しておきますね。

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA