スーパーでまぐろの刺身より切落しのほうが人気になったわけ







最近スーパーマーケットの刺身売場でまぐろの刺身を見なくないですか?

地域にもよるがまぐろといえば刺身の王様的存在。関東地方に行けば刺身と言えばまぐろとまで行っても言い過ぎではないくらいでしょう。

それにもかかわらずまぐろの刺身自体はスーパーマーケットでは見ないのではないでしょうか?最近は特に見なくなったような気がします。※ここでいう刺身とは写真のような平作りの刺身ということです。

昔はそれでももっとまぐろの刺身が売場に並んでいました。

本まぐろから、メバチまぐろ、キハダマグロも刺身という形で出ていました。

もちろんまぐろ王国の静岡などでは産地ということもあって売場にまぐろの刺身が堂々と並んでいるかもしれません。

しかし、他の地域ではまぐろの刺身がめっきり少なくなったような気がします。

本来副産物の切落としが主流化してしまった。

それはまぐろの刺身に変わって切落としが主流になったためです。

まぐろコーナーが減ったわけではないのです。

刺身に変わって切落としという商品が売れるようになったためお店は切り落としのコーナーを広げて、その代わりまぐろの刺身を縮小していったのです。

どうしてそうなってしまったんでしょうか?

これを考えるにあたっては①お客さんの視点と②売る側の視点の2つの視点を分けて考えると面白いです。

〜売る側の視点〜

まず、まぐろ切落としとはどんな商品か?

刺身を作るとどうしても端材というものが出てきます。刺身をする際に形を良くするために端っこが出ます。これを集めたものが切落としと言います。刺身を見せようとすればするほど端っこが増えるわけです。一見もったいないように見えます。

まぐろ切落としは元々丸儲けだったので安く売れた。

しかし、刺身を作るとき刺身の値段は切る前のサクの値段と同じかキリ数で大体値段を合わせてきます。やっぱり正規品としての刺身はそこそこちゃんとした値段をつけるものです。ただそうすると端材の分は計算外になってきます。

たくさん刺身を作るところはその端材を集めて1パックにしてそれが売れるとその分原価のない儲けになります。店側はうれしいわけです。

そもそも原価のない儲け(商品)なので実際売るときは買いやすく値段を落としてお買い得にしました。早く売りたい心理もそこにはあったはずです。

ここで大衆に切落とし=割安というイメージがついたのです。

しかし最初は限定品だったためにみんな欲しかった

そうするとそれを目当てにお客さんがついてきます。ただこの端材は刺身で出た副産物なのでマグロの刺身自体が売れないと出てきません。限定品になるということです。

昔はよくお客さんに切落としがないかないかと言われたりしていました。

まぐろメーカーはその商機を見逃さなかった!

そうするとまぐろメーカーなどはここが商機とばかりに相次いで「」という商品を流通させてきました。

さらには元々サクで流通させるつもりだったものをわざわざ切落しにして流通させるものまで出始めました。

ついに切落としが刺身を凌駕してしまいました。

最初は安いマグロから始まって今は本マグロまで切落とし

また、最初は安いキハダマグロやメバチマグロでやっていましたが、最近では本まぐろで切落としという商品も出てきました。

昔の人からすると本マグロはご馳走だから切落としにするなんて考えられないと思うかもしれません。逆にいうと切落としなんか邪道だとまで思うかもしれません。

しかし、今時はもう関係ないですね。確かに本マグロなので切落としでもそこそこのお値段しますが、切落としの方が圧倒的に売れる時代です。まあ、刺身にするよりは安いので存在価値はあると言えるのでしょうが。形にとらわれないのかもしれません。

切落としは技術不要

もう一つは切落としなら技術が要らないという点も切落としを加速させた要因です。技術が要らないということはコストかからないということにもなるからです。

〜お客さんの視点〜

まぐろ刺身は高いものだから贅沢品という考え方は今は昔かも

先ほども言いましたが本来贅沢品のマグロを格安価格で食べれるとあってはやっぱりおかず感覚なのかもしれません。グルメ志向が高まったということなのかもしれません。

子供や主婦でも買いやすい

確かに千円以上の値段がついて威風堂々としている高級まぐろの刺身を手に取るより千円以下でたくさん入ってお買い得!という方が買う時も手に取りやすいのかもしれません。特に買い物をする主婦も。

また、子供に食べさせるときは細かくしてあげたりすることを考えると角のたった立派なお刺身である必要はないのかもしれません。どんぶりで食べられるのもいいんだと思います。

まとめ

このようにまぐろの切落としが主流を取ってしまったのはある意味「合理性」がキーワードになるような気がします。

昔は情報も少ないため権威性(見栄やハッタリ)を価値付けやすったのかもしれません。まぐろ刺身=贅沢品=庶民は普段は食べない

今の時代、ハリボテの立派な外見より情報あふれる社会の中で実とった生き方の方が賢いという価値観が見て取れます。

まぐろの刺身でなく切落としでいいよという選択はスーパーマーケットといフィルタをかけた中でも、今の生活というものが実質的に満足できればいいよと端的に言っているものではないかと思いました。

ある意味良い時代なのかもしれません。

<終わり>

参考記事 自分でさばいて刺身にしたい北陸の魚7選 5月下旬編

参考記事 なぜコープおおぬかの魚が絶大に支持されてこれだけ近隣の人たちを惹きつけるのか?魚が売れるのにはわけがある!

参考記事 いか刺しの美味しさと恐怖 〜アニサキス被害を防ごう!画像付き

参考記事 さんまの刺身の美味しさと恐怖 〜アニサキス被害を防ごう!第2弾 画像付き

参考記事 刺身にできる5つの条件自分で魚をさばくとき

参考記事 魚をさばく主婦にオススメな包丁がこれ!使いやすくて重くない洋包丁「藤寅作」

参考記事 正しい包丁の研ぎ方を教えて下さい キッチン編

商品紹介

主婦が包丁選びに迷ったらこれ! 洋包丁17cm藤寅作







人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA