>> よく読まれている記事はこちら
a

スーパーで買えるまぐろの種類わかりやすく解説します!

左から本まぐろ、バチまぐろ、ビン長まぐろ いずれも解凍

やっぱり価格で見るのが一番わかりやすいです! 

一口にまぐろといってもいろんなまぐろがあるため一概にはランキングをつけにくいものです。

また美味しさには人それぞれ好みがあるので味だけで評価するのはなかなか難しいものです。

そこで売っている値段で判断するのが一番客観的でわかりやすいと思いますのが売価を基準にランキングしていきたいと思います。

一応小売店の売価を基準にしますが一般的なスーパーマーケットを基準にした方がわかりやすいと思いますので独断的に定番価格で見ていきますね。

Sponsored Links

まぐろ価格ランキング

まぐろもチラシ特売や大奉仕価格を設定してあったりいろいろお店の思惑でいろんな値段がありえます。

ここではいわゆる定番価格で高い順に見ていきますね。

第1位  本まぐろ   (クロまぐろ) 

第2位  インドまぐろ (ミナミまぐろ)

第3位  メバチまぐろ (バチまぐろ)

第4位  キハダまぐろ

第5位  びん長まぐろ (だるままぐろ、とんぼ)

これらにはすべて生と冷凍解凍があります。

本まぐろ

解体前の生本鮪

言わずと知れたまぐろの王様はこの本まぐろです。

スーパーで扱う本マグロも生・冷凍解凍があります

地域にもよりますが常時生マグロを置いてあるところは少ないかもしれません。

鮮魚の寿司をやっているところならおく可能性が高いです。

正直鮮魚の寿司をやってるところでないと処理しきれないんですね。

冷凍解凍の本マグロも安定して人気があります。

若干品質の差あり価格もマチマチです。

また外国産・国産で仕入値が違いますが売るときの値段はそんなに変わらないようです。

スーパーで売るときの売価は、大体次のようにみておけばいいと思います。

赤身  100gあたり780〜1280円

中とろ 100gあたり1,280〜1,800円

大トロ 100gあたり1,800〜2,980円

ただ、ピンキリなのであくまでも目安です。

お店的にいうと生の本鮪は常に鮮度との戦いです。

そんなにバカスカ売れるものでないので時間が経つといわゆる汚れの首輪という感じで色変わりがしてきます。

>>本まぐろ(生)の消費期限【使い切れない!】〜どのくらいもつ?

本マグロギャラリー

\ リッキーも使ってるマグロだよ! /

本マグロ 本まぐろ マグロ まぐろ 中トロ 中とろ 柵 3柵入り 500g 鮮魚 ブロック 詰合せ 鮮魚セット 冷凍まぐろ 冷凍マグロ 鮪 直送 冷凍 魚 切り身 骨抜き 骨なし お刺身 刺身 刺し身 さしみ おかず 海鮮丼 手巻き寿司 ネタ グルメ お取り寄せ 取り寄せ お取り寄せグルメ

\ 一度湯通ししてから煮付けだよ! /

本マグロ頭 約5k〜8k 海産物 本マグロ 本まぐろ マグロ カマ ブロック まぐろ 鮪 冷凍マグロ 冷凍 美味しいもの 煮付け お取り寄せグルメ 海鮮 国産 送料無料

インドまぐろ

インドまぐろは別名ミナミまぐろ。

前はスーパーでもよくみましたが最近はあまりみなくなりました。

漁獲枠の関係で漁が少なくなっているようです。

本まぐろより身が濃い赤色をしてます。

柵どりするときに少し厄介なマグロです。

というのもカマの骨が腹の方に食い込んでいるのです。

慣れないと非常にタチにくいです。

昔は本まぐろの代用品的な位置付けでした。

生もありますが冷凍で流通することが比較的多いです。

定番売価は本まぐろと同じか少し下がるくらいのイメージです。

写真をご覧の通り本マグロよりちょっと重い色をしています。

こういうマグロです。

メバチまぐろ

目が大きのが特徴のまぐろ。赤色が綺麗で比較的廉価で関東の方で人気です。

冷凍での流通がほとんどでスーパーなどの定番のまぐろといえばこのメバチまぐろと言っていいでしょう。

定番売価は100gあたり398円が中心。

上品質なものでg 498円で出しているところがあります。

最近はマグロ全体が値上げ傾向なのでもう少し高いかもしれません。

たまに、このような血栓が入る場合があるのが特徴のマグロです。

このくらいでるともう商品としては出せません。

店からすると断腸の思いで廃棄するしかありません。

ぶつ切りにして出しても売れないか苦情が来るだけです。

Sponsored Links

キハダまぐろ

腹ビレあたりが黄色いのが特徴。比較的廉価で特売訴求品として重宝される。関西の方ではよく使われる。

冷凍物がよく特売にかかる。関西で生のキハダがよくあがる。

定番売価はやはり100gあたり298円といったところ。ただ特売でg198円やg158円とメチャクチャ安く売っているところもある。

ビン長まぐろ

びんながといったりびんちょうといったりします。

ツナ缶に使われるまぐろの一つ。

身がピンク色で脂のノリはさほどよくないので安い。

冷凍物は価格訴求品のイメージ。

安いのが取り柄とも言える

春先にあがる生は色目薄い桜色をして季節感がある

味は濃厚というよりはあっさりとしたおいしさが特徴。

もちもちっとした食感とあっさりした甘味がありそれはそれで価値がある。

Sponsored Links

最後に

今回まぐろをランキングしてみましたが決して絶対的なものではありません。

先にも述べましたが春先の生ビン長はそれはそれで美味しいものですし、キハダにしても濃い赤色をしたものもありとても美味しく感じる時があります。

いずれにしても、生のまぐろは美味しいですね。身近なところで手に入る魚屋さんがあれば嬉しいですね。

参考記事 魚をさばく主婦にオススメな包丁がこれ!使いやすくて重くない洋包丁「藤寅作」

〈終わり〉

トップページへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA