\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

バチマグロ(メバチマグロ) キハダマグロ以上本マグロ未満




マグロといえば本マグロがメインですがこのバチマグロもスーパー、量販店では結構活躍しています。

通称バチマグロといったりしますが、正式にはメバチマグロです。

キレイな赤い身をしているのが特徴です。

本マグロが深紅なのに対してバチマグロは明るい赤色をしています。

本マグロに比べるとお値段の方も4割ほど安いといったイメージでしょうか。

いってみれば庶民のマグロといえます。

リッキー

基本的に養殖はしていないのですべて天然です。

冷凍マグロとしても広く流通してほとんどが冷凍解凍物として売場に並べられます。

今回はこのバチマグロについて詳しくみてみましょう。

Sponsored Links

バチマグロの基本情報

分類 スズキ目サバ科マグロ属                
名称メバチマグロ
別名・地方名バチマグロ
英語名Bigeye tuna
学名Thunnus obesus(Lowe,1839)
分布全国の熱帯温帯海域に生息 海水魚
主な漁法延縄などの遠洋漁業
備考・地中海、日本海には生息しない
・目が大きい

どんな魚?

暖かい地域に棲むが地中海に分布しないといわれ、日本海にも入らないとされている。

本マグロより安く、キハダマグロより高いといったマグロ。

血栓があることの多いマグロ

冷凍で流通することが多いマグロ

身に血栓がたくさんあらわれることがあります。

これを売場に出さないことが大事。

あまりひどいものは仕入れ先へいって交換か赤伝処理してもらうこと。

おいしい食べ方は?

なんといっても刺身だがカルパッチョや漬けにしてもおいしい。

赤いキレイな色合いが食用をそそる。

リッキー

スライスして塩水につけるとプリプリ感が出ておいしくなると言われている。

最近では刺身よりスライスにして売られることが多くなった。

そのときに塩水につける方法が人気となっています。

見違えるほど美味しものです。

冷凍マグロの上手な解凍方法

温塩水でやるのが基本です。

ちょっと熱めの温水でやると発色も良くなったりします。

詳しくは別記事で。

鉄火巻きの具材

このバチマグロは鉄火巻きの具材としても使われることが多い。

高級寿司店に行くと本マグロを使うが回転寿司などではこのバチマグロが使われる。

巻き寿司で使う時は数時間前に解凍したものを使わないと水分が出ておいしくなくなります。

どうやって買う?

バチマグロのサクは100gあたり398円(税抜き)が標準。

筋がないキレイに発色しているものを選びましょう。

冷凍庫に長くおくと色がくすんできます。

通常の冷凍庫だと3日くらいが限界です。中には冷凍で1週間持つものもありますがそういうのはマレです。

どうやって売る?

身に筋が多いものは売場に出さないようにしてください。

定番で必ずおくべきマグロです。

刺身よりスライスの方が今時は人気。

Sponsored Links

最後に

原体をなかなか見る機会がないです。

このバチマグロをしっかり扱うと売場がしまります。

どうしてもスジがあったりするのでそれをどう刺身加工に回すかが鍵になります。

都度情報追加していきます。

参考サイト ぼうずコンニャク市場魚貝類図鑑

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA