\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

メジマグロ 本マグロの幼魚 ヨコワとも呼ばれ買いやすいマグロ!




市場にカツオに似た魚が並んでいます。

本マグロの幼魚のメジマグロです。

カツオがメタリックな魚体に黒い線が横に走っているのに対しこのメジマグロは縦に縞線が走っています。

頭を上にあげるとその縞が横になるのでヨコワという言い方をするようです。

本マグロであることは間違いないのですが、市場価値的にいうと全く別物のように扱われています。

もちろん本マグロは値段も高級ですが、このメジマグロはどちらかというと大衆魚的な値段となっています。

それだけ脂のノリが違うということなんでしょう。

ただ、庶民からすると幼魚とはいえ本マグロを比較的安く買えるのでありがたい存在です。

リッキー

リッキーも最初このメジマグロが本マグロの子供だというのが信じられなかったです。

市場的には本マグロというよりはカツオに近い存在と言えるかもしれません。

Sponsored Links

メジマグロの基本情報

基本的にクロマグロと同じです。

分類 スズキ目サバ科マグロ属クロマグロ           
名称メジマグロ
別名・地方名本マグロ、クロマグロ
英語名Pacific bluefin tuna
学名Thunnes orientalis(Temminck and Schlegel,1844)
分布海水魚
主な漁法延縄漁(釣り)、巻網漁
備考・寿命は20年以上

メジマグロはどんな魚?

本マグロから見ると脂が少なくあっさりした感じが好きという人多い。

それでも脂ののった個体も多いのでとてもおいしい。

本マグロから見れば半値くらいなのでスーパーや量販店でも使われることがある。

おいしい食べ方は?

やっぱり刺身がおいしい。

わさび醤油で食べたい。

リッキー

本マグロとはなんか違います。

どうやって買う?

幼魚といってもそれなりの大きさがあるので1尾で売られていることは少ないかも知れません。

主に刺身になったものを買うという感じです。

夏頃が取り扱われることが多い。

どうやって売る?

仕入値はk800円にならないと仕入れない。

それ以上だとスーパーあたりでは売りにくくなってしまうからです。

実際、そんな値段になることがあるのであわてずその値段になるまで無理に買わない。

刺身は普通に平造りにした方が良い。

間違ってもスライス、削ぎ切りはしたくないところ。

メジマグロのおろし方

メジマグロは少し変わったおろし方をします。

鰓の付近の皮が硬いからです。

背ビレもこのように包丁の刃元を使って押すようにして取り除きます。

背ビレの付近も皮が硬いからです。

最後に

値段が下がるのをひたすら待つことです。

無理して高いものを仕入れると商品造りが窮屈になっておもしろくないです。

k800円以下になるまで待ちましょう。

参考サイト ぼうずコンニャク市場魚貝類図鑑

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA