\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

煮魚をするときは煮汁を煮詰めてほしい!我が家の魚の煮付けは醤油汁⁈




これは笑い話というかリッキーの愚痴として聞いてください。

我が家で出てくる魚の煮付けはお汁なのです。

汁をそのまま飲めるタイプなんです。

一応妻には煮付け作り方を教えてあります。

魚の煮付けというものがどんなものかは説明してあるのです。

もちろん料理屋さんにも連れて行って食べさせたりもしますが、結局毎回でてくるのがこのタイプの煮付けなのです。

「今日もシャバシャバだねえ〜!」

といってもきこえているのかどうかわかりません。

まあ、あんまりいうと喧嘩がはじまるので強く言わないことにしています。

ご存知の通りリッキーこのブログでみなさんには魚の煮付けのコツやおいしい作り方をご案内させてもらってます。

それでいながら情けないことにわが家では魚の煮付け=魚の醤油汁になっているが現状なのです。

ちょっと残念ですがこれが現実です。

妻の名誉のために言っておくとチャンと料理するときはするんですよ!

チャンと作るときはおいしいんです。

ただ、魚の煮付けだけはこんな感じなのです。

この煮汁をゴクゴク飲めというのでしょうか?

そう考えると煮付けってなんなんだろう?

なんて思うわけです。

Sponsored Links

魚の煮付けってなにが正しいの?

そもそもリッキーの住んでいる金沢は煮付けに砂糖を使いません。

醤油のキリッとした風味が素材の味を殺さない程度に効いていておいしいと思います。

確かに妻の作る醤油汁も砂糖は入ってないようです。

たまに料理屋さんで魚の煮付けを注文して食べることがあるのですがそれはそれで煮付けなんです。

上の写真のように見るからに煮付けですよね。

たまにスーパーで買う煮付けも確かに煮付けです。

どうですか?煮付けですよね。

煮汁がまったりとしておいしそうです。

これらと妻の作る煮付けがなにか違うのです。

身に味がしみてほしい

できることなら煮付けは魚の煮た身に味がしみてほしいです。

当たり前のことですね。

ふわっとしたなかにほんのりとでいいので醤油の味がしてほしいのです。

もう一ついうなら魚の旨みというかおいしさを醤油で味をひきたててほしいのです。

しかしながら私の妻の作る魚の煮付けの身に味がしみてないのです。

言い方を変えると素材=魚の味しかしないのです。

味が入ってないのです。

あっさり汁をゴクゴク飲める煮付けですから。

なんでこうなるのでしょう?

煮付けは一度冷ますのが大事!

まず、一つには妻は気を利かせてくれて作りたてを出してくれます。

ここは本当にありがたいと思います。感謝するところです。

遅く帰ってきてもそこから料理をして熱々の作り立てを出してくれるのです。

よくやってくれるとさえ思います。

この魚の煮付けも作り立てを出してくれました。

ところが味がしみてないのです。

みなさんはお分かりですね。なんで味がしみてないのか。

魚の煮付けというのは冷める時に味がキュッと染み込んで味がつくものです。

ここも妻には何度か説明しているのですがどちらかというと気にしないタイプのようです。

もちろん、毎回同じことを説明するのですがそんなことはお構いなしです。

作り立てを出してるんだから文句言わないで、と言われもしないですが聞こえてきます。(笑)

ハイ、そんなもんです。

だいたいこれで妻との関係が分かりますね。

これ以上しつこくいうと活火山が噴火しますのでそれ以上は言いません。

料理してもらえるだけでもありがたい本気で思ってます。

とまあ、いつもこんな感じなんですが結局冷ます過程がないので味がしないわけです。

煮付けは煮詰める過程も大事

なんで汁を並々たっぷりにするんでしょうか?

おそらく早く魚の身に火を通したいんだろうと思います。

多めの汁でやった方が煮えるのも早いでしょうから。

リッキーが夜遅く帰ってきて妻が料理をしてくれるのでパパッと済ませたいのは分かります。

サッと作ってサッと終わりにしたいというのは当然だと思います。

短時間で作りたいわけですからそうなるんだと思います。

つゆが並々な分味も薄いので正直あまり味がしません。

強いていうならゴクゴク飲める汁を魚をあげて少し煮詰めてくれれば少しは煮付け風になるんだと思います。

煮詰めという過程が大事なんですね。

それを魚の身につけて食べられればそれはそれでおいしいんだと思います。

毎回それもいうんですが無敵艦隊には通用しません。

深追いしないこともしています。

甘味をつけるかは住んで地域によって違う

あと欲を言えば、甘味がほしいです。

先ほども述べたように金沢ではあまり砂糖を使いません。

金沢出身の妻が砂糖を使うことはありません。

しかし、新潟出身のリッキーにとってはやはりまったりとした甘味はほしいところなのです。

ここは今まで育ってきた環境によるところで違うと思います。

いつもリッキー要請していますが子供達も食べるからと却下されます。

それ以上言わないことにしています。

ちなみに北に行くほど甘味をつける傾向が強いと言われています。

また甘味をつけるなら少し隠し味でザラメか黒砂糖を入れると味がしまるように思います。

面倒ならうなぎのタレを少し入れてもおいしくなると思います。

水飴や蜂蜜とか一通り入っていたりするのでわざわざ別々に買わなくてもいいので便利です。

よかったらやってみてください。

妻にもそう言いたい気持ちでいっぱいです。(涙)

Sponsored Links

まとめ

料理は愛情!

といった料理人の人がいましたが、本当にそうだと思います。

料理のおいしさは素材や料理方法だけでなく作る人の想いというのがどれだけ大事なものかつくづく思います。

反面料理する人の大変さも分かります。

義務感に駆られて作るということもあるでしょうし、疲れて果てて早く料理を早く済ませたいというのもよく分かります。

だったら自分で作ればというわけです。

その点うちの妻には感謝しています。ありがたいと思っています。

チャンと料理と掃除洗濯はしてくれますから。

本来なら旦那さんも家事も分担しないといけないですから。

なので、お汁のような煮付けも文句も言わずおいしいおいしいといってチャンと食べることにしています。

微妙なバランスの中で成り立っている夫婦関係ですがこれでなんとかやって来れています。

これからもなんとか維持していきたと思います。

今回は私ごとの話で誠に恐縮です。

くだらない愚痴話にお付き合いくださって本当にありがとうございます。

結論らしきものは出ませんでしたがこれにて終了とさせていただきます。

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA