\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

カツオまで養殖されているという噂は本当か?!







養殖魚の代表選手といえば「ぶり」「たい」「まぐろ」「さけ」などはもうおなじみですね。

意外とみんな知らないのが「さば」。これはよく市場流通もしていますし、アニサキス がいないサバになるということでいろんなマスコミの話題にもなったりしています。

魚の養殖はやはりコストが合わないと…。

結局コストに見合うだけの採算がとれないと事業としては成り立たないわけである程度の利益が取れるものでないと養殖事業難しいのでしょうということはよくわかります。

例えば天然秋鮭や紅鮭で養殖がないのは時期になったら山ほど取れるものをわざわざコストをかけてしなくても良いだろうという考えに基づくものだと思います。

時期になると大量に穫れるカツオは養殖できるのか?

その流れでいうと「かつお」もそうだと思います。

実際カツオの養殖はないものだと持っていました。

わざわざ養殖しなくてもたくさん育ってくれるわけです。

こういう魚は養殖には向きません。

そういう意味でいうとカツオも似たようなもののような気がしますが。

実際に市場に並んだ養殖のカツオ食べてみました!

ところが先日市場で「養殖のかつお」なるものが並んでいてその身を試食する機会がありました。

↑ これが養殖のかつお

見た目はあまり普通のかつおと変わりないようです。

身の方はというと

さすがキレイな身をしています。

刺身にスライスしたものを一口食べてみたらほとんど「まぐろ」の味でした。

???かつおを養殖するとまぐろになる!!!

不思議な感覚です。

まとめ

あと養殖のかつおは高くなるんだろうなと思うと複雑な気持ちです。

先にもいいましたが、かつおは安くないと面白くないのではないでしょうか!

それ以来このかつおの養殖はお目にかかっていません。

いろんな課題を解決している最中なのでしょうね。

 「昆布〆め」はなぜ旨いのか?永久保存版 

参考記事 刺身にできる5つの条件自分で魚をさばくとき

参考記事 魚をさばく主婦にオススメな包丁がこれ!使いやすくて重くない洋包丁「藤寅作」

参考記事 正しい包丁の研ぎ方を教えて下さい キッチン編

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA