>> まずは読んでほしい記事がこちら ここをクリック! 
a

魚の寄生虫見たい人はここ!

毎日大量の魚を捌いていると身質が通常とは違う状態のものと出会うときがあります。

いろいろ見てきたのである程度名前を知っているのですがそれでもわからない寄生虫を見ることがあります。

その後の処理をどうするとか含めてみなさんはなかなか目にすることのないところでしょうからまずは紹介してみますね。

メジャーなところからいきます!

Sponsored Links

鮭にアニサキス

黒丸の枠の中にアニサキスがいます。

アニサキスは寄生虫の中でも一番有名ですね。

これだけいるとさすがに鮭を生食できないですね。

たまにブログやYouTubeなんかでもサケやマスを刺身で食べるものがありますが鵜呑みにしてはいけません。

さんまひじき虫

このさんまひじき虫もよくみる寄生虫の一つです。

上の写真のようにさんまの腹のところに吸着しています。

これがどんなものかというと、

〜さんまひじき虫〜

こんな感じの寄生虫です。

なんかエイリアンみたいですね。

これが食いつくのですが裏側から見るとこんな感じです、

↓   ↓   ↓

〜さんまひじき虫の口 反対側から見るのは珍しい〜

すごいですね。

身の中まで口が入っているのです。

さんま痛くないんでしょうかと思ってしまいます。

Sponsored Links

その他様々な寄生虫

ここからは名前がわからない寄生虫をお見せします。

天然スズキ

〜天然すずきでよく見る寄生虫 名前は?〜

天然スズキです。

なんなんでしょうか?

黒い虫が身にたくさん入り込んでいます。

以前ぶりで見たことあるペコ病のようにも見えます。

ヒラマサ

〜よく見るひらまさの寄生虫〜

ヒラマサによくいる寄生虫です。

シイラ

〜シイラにいた寄生虫 ブリ糸状虫に似ている〜

たまたま見つけた寄生虫。

正体はわかりません。

サバ

サバに胡麻のような寄生虫が入っていました。

このような状態はとても珍しいです。

養殖ブリ

養殖ぶりです。

これはよく見ます。

ベコ病かもしれません。

目立たないようなら取り除いたりして使うことがあります。

天然ぶり(天然小ぶり)

天然小ぶりはよく寄生虫が入っています。

ただ、この寄生虫についてはわかりません。

珍しいような気がします。

上の寄生虫と同じでしょうか?

カジキの腹にいるものと同じような感じです。

フクラギ(ブリの幼魚)

白く濁っているところに必ず寄生虫がいます。

初心者などはこの白い部分をそのままにして皮むいて刺身用で売場に出してしまうことがあります。

フクラギで白く濁っている部位があれば必ず取り除くようにしてください。

これもすごいですね。

打身かもしれませんが、ベコ病かもしれません。

結構ひどいですね。

こうなると全て廃棄になります。

車鯛

ここまでくると気持ち悪いですね。

ここまでひどいのも珍しいでしょう。

写真画像についての注意事項

寄生虫の画像は無断転載、無許可利用の全てをお断りしております。

この記事を紹介するときは「さかなのさブログ」の名称を記載の上、リンクを貼っていただくようにお願いします。

番組制作等で必要な方は原本(有料)お渡しすることも可能です。

問い合わせメールにてご一報ください。

Sponsored Links

最後に

みなさん、いかがでしたか?

ちょっと気持ち悪い写真もありましたね。

私自身学者でもないし、寄生虫の専門家でもないので知識としては中途半端です。

わからないものばかりです。

ただ魚屋の現場から情報提供できることはしておきたいです。

もちろん不正確な言い方や誤解を招き易い表現は避けるつもりです。

ここではあくまで魚を安全に美味しく食べるために危険を回避するという視点で紹介させていただいています

画像の中には気持ち悪い、食欲なくすようなものもありますが一応可能な限り掲載して行きたいと思います。

<終わり>

参考記事 いか刺しの美味しさと恐怖 ~アニサキス被害を防ごう!画像付き

参考記事 さんまの刺身の美味しさと恐怖 ~アニサキス被害を防ごう!第2弾 画像付き

トップページへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA