>> まずは読んでほしい記事がこちら ここをクリック! 
a

活ホヤ 魚屋の対面に置いておきたい魚介類!春から夏にかけてがオススメ!

Sponsored Links

ホヤの基本情報

ホヤはマボヤともいい、その形状から海のパイナップルとも呼ばれています。

ホヤガイと言われることもありますが貝類ではありません。

軟体動物の一群に分けられます。

幼生時はオタマジャクシのように泳ぐと言われています。

夏が旬。

三陸東北では夏になるとこのホヤが市場や魚屋さんの店先にずらっと並びます。

Sponsored Links

美味しい食べ方

基本的な料理方法

基本的には殻を剥いて食べます。

殻をとって身を刺身にしたり酢の物にしたりします。

鮮度がよくないと独特な匂いを発します。

蒸しや焼きも美味しい。

あまり知られてないけど美味しい食べ方

塩辛もうまい。

このホヤとこのわたを塩辛にしたものは「漠久来バクライ」と呼ばれ珍味中の珍味とされています。

バクライを知っている人はかなりの珍味通だと思います。

参考記事 ばくらい(莫久来) 究極の珍味

こうやって売ろう!

身についている黒いところをとります。

変色するのでホヤに入っている水を一緒に入れておくと色変わりしにくいです。

買い付けのポイント

仕入値はそんなに高くはないです。

値段はおまかせのところがあります。

商品の特性・位置付け

鮮魚ない対面コーナに置くと季節感を出せます。

意外と売れます。

売り手のぶっちゃけ話

根強い人気。知っている人は必ず買います。

東北以外の地方では正直売られていないと思いますがチャレンジしてもいいと思います。

正直あまり売れないが粘り強く販売していけば固定客がつく。

たまになら売れるが続けて入れると残りやすい。

ロスも怖いので余裕のある時に扱えば良い。

Sponsored Links

最後に

他の土地でたくさん売れているものは自分たちの土地でも売れるはず!

という精神でチャレンジしましょう。

それが目新しさ、お客さんのワクワク感につながります。

たまにでいいのぜひ仕入れましょう。

<終わり>

トップページへ






注目の記事はこれ!
RIZAP COOK徹底検証

あのRIZAP(ライザップ)がクッキングスクールを開校! 一般の主婦にオススメなのか?魚捌きのプロがそのプログラム内容を徹底検証しました!

【ブロガー必見!】
思わず申し込みたくなるような文章で構成されています。実績多数。成約に導くまでの文章術がところどころに詰め込まれています。成約に悩むブロガー必見です!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA