>> よく読まれている記事はこちら

生しらす【春の味覚】生食はできる?どうやって食べる?

【PR】本サイトのコンテンツはプロモーションを含んでいます。

パックで売られている生しらす

春になると魚の稚魚がいっせいに孵化して海を漂いはじめます。

鮮度よい間は半透明で時間が経つにつれて白っぽくなっていきます。

のれそれ、白魚、イサザなどと同じような時期にこの生しらすも水揚げされ市場に並びはじめます。

しらすといった場合、主にイワシがメインになりますがいろんな魚が混じっているの小さい稚魚の総称と考えたほうがよいようです。

タコ、イカ、カニ、エビの幼生も混じることがあるようです。

リッキー

卵の黄身と青ねぎをたっぷり散らしたしらす丼無性にたべくなりました!

店頭では上の写真のようなパックで並びます。

驚き!感動!この鮮度!島の生しらす 〜淡路市HP

Sponsored Links

生しらすの基本情報

基本的にイワシ稚魚になります。

ただいろいろ混ざることが多いので全部がイワシとは限りません。

春はマイワシが中心になり、秋はカタクチイワシが中心になります。

カタクチイワシの方が黒っぽくなります。

鮮度が落ちやすいのですぐに釜揚げにされることが多いです。

生で流通するものは基本的に地元で消費されることになります。

産地以外でも生しらすを見かけますが生食用と書いてあっても十分に注意してください。

もし食べるとしても必ず冷水で水洗いするか酢にさらす方がいいでしょう。

それぞれの魚種でご確認ください。

おいしい食べ方は?

パックで売られている生しらす 拡大

鮮度のいいものは生で食べれます。

産地でなくても生食できるものが流通しています。

ただ、早めに食べるほうがいいでしょう。

生しらす丼にしたり、出汁をかけて食べたりします。

個人的には酢醤油で食べるのが好きです。

わさびドレッシングで食べてもおいしいです。

リッキー

サッと水洗いしてから使いましょう。

卵とじにしたり、茶碗蒸しに入れてもおいしいです。

天ぷら、かき揚げもオススメです。

季節感が出るのでおいしさも格別です。

Sponsored Links

どうやって買う?

なかなか、売っているところは少ないかもしれません。

春先のタイミングで店頭に並びます。

地域的にも限定されると思います。

見つけたら即買いです。

生食用で買った当日で食べたほうがいいと思います。

どうやって売る?

パックで売られている生しらす

よほど、鮮度の信頼のある店でないと売れないと思います。

季節感出るので置きたいところですが無理をしないでいいと思います。

Sponsored Links

最後に

のれそれ、シラウオ、生しらすは春の3点セットです。

覚えておいてください。

若干時期はずれますが品揃えできる差別化になるので品揃えしたいところです。

参考サイト ウキペディア しらす

<終わり>

トップページへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
リッキー
鮮魚アドバイザー・刺身インストラクター・現役水産バイヤー 30年間培った鮮魚の販売、加工、管理技術を初心者に向けてわかりやすく解説。 なかなか教えてくれない秘技裏技も惜しげもなく公開。 一般向けにはみんなが笑顔になるお刺身の作り方ご案内。 すべてが魚食好きの人のために!日夜リアル、WEBで奮闘しています。 有限会社西村研究室(水産コンサルタント事務所)所属