>> よく読まれている記事はこちら
a

甘鯛(アマダイ、グジ)【対面販売】もともと身が柔らかい扱いの難しい夏旬高級魚

ピカピカな甘鯛

夏の代表的な魚の一つに甘鯛が挙げられます。

グジといったほうがわかる人多いかもしれません。

しかし私は甘鯛の本当の美味しさを正直知知りません。

食べる機会が少ないからです。

毎日のように仕入れてお客さんにオススメして販売しているにもかかわらずあまり味の紹介ができないです。

のどぐろ金目鯛の美味しさはよくわかっています

しかしながらこの甘鯛だけは今まで美味しいものと出会ったことがないのです。

別に嫌いというわけではないですが…。

やっぱり大きなサイズの甘鯛を食べないとそのおいしさわからないかもしれません。

Sponsored Links

甘鯛の基本情報

トロ箱に入った甘鯛
分類 スズキ目キツネアマダイ科アマダイ属
名称甘鯛 アマダイ
別名・地方名グジ
英語名Tilefish、Banquillo
学名Branchiostegus(Rafinespue,1815)
分布日本海
主な漁法釣り、刺し網
備考・アカアマダイ、シロアマダイ、キアマダイの3種類がある。
・スーパーで扱うのはアカアマダイ
・頭部に特徴がある。
・目に寄生虫がつく
・オキアマダイは全く別の魚

甘鯛は身の柔らかい魚

シロアマダイ
シロアマダイ

甘鯛にはアカアマダイ、シロアマダイ、キアマダイの3種類あります。

通常北陸で売られているのはアカアマダイです。

頭が丸く独特な風貌をした魚。新鮮なうちはビンクの色がキレイ。

もともと身がやわらかい魚なので塩をして身をしめてから調理するということが多い魚です。

市場ではのど黒に匹敵するほど価値の高いなの魚です。

特に大きいサイズはなかなかいい値段します。

甘鯛は塩して焼くのが一番おいしい

甘鯛の塩焼き

塩焼きが一般的です。

ただ煮付けにしても美味しいです。

刺身にするときは皮をつけて少し炙るとおいしいです。

ウロコをつけたまま焼いて食べるという変わった食べ方をする魚でもあります。

ウロコまで食べる魚はこの甘鯛くらいしか聞いたことありません。

甘鯛は小さいサイズが買いやすい

ピンク色のキレイな甘鯛
アカアマダイの豆サイズ

対面でバラ売りで出されていますがそういうものはたいてい大きなサイズで高いものになります。

パックで売っているくらいのものなら小さいサイズなの値段も比較的高くもなく見たらおすすめです。

目に寄生虫(無害)がつきやすい魚なのでよく見て買いましょう。

見ればすぐにわかります。

手でとれば簡単に取れますが一部食い込んでいるので中に残ります。

Sponsored Links

甘鯛は相場が安い時だけ買えばいい

対面の甘鯛
対面の甘鯛

売価はg198円までです。仕入値でいうとk1,300円前後が妥当なところでしょう。それ以上だと高くて魅力ありません。

大きなサイズは対面販売が理想。

ただ、高すぎて買うことはあまりありません。

いつも買うのは豆サイズ。

といってもそこそこの大きさあるので他の魚の豆と少し違う感覚です。

小さなサイズはパック1尾、2尾で販売する形。

k1,500円以下でないと仕入れません。

刺網でとれる魚なので底曳魚の少ない夏場にありがたい存在です。

甘鯛の昆布〆め

甘鯛の昆布じめ

そんなに大きいサイズではないが、これを食べた時に初めて甘鯛って本当に美味しいものだなと実感しました。

懇意にしていただいているお店の改装オープンの時に出てきた料理。

しかしながらこの甘鯛も塩焼き、煮付けで美味しいなと思えるようなものに出会えたらいいなと思う今日この頃です。

Sponsored Links

最後に

甘鯛

つくづくキレイな魚だと思います。

魚を知っている人が選ぶ魚ですね。

のど黒の方がメジャーなのでそちらに目がいきがちですが甘鯛も本当にいい魚だと思います。

まだまだ攻略するところありそうです。

個人的には大きい甘鯛の煮付けを一度食べてみたいと思います。

<終わり>

トップページへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA