\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

ホッキガイ(北寄貝) 貝の刺身でトップクラスのおいしさ!




上の写真の貝がホッキガイです。なかなか見る機会が少ないかもしれません。

金沢の市場にもこのホッキガイが入荷します。

ただスーパーマーケットでは売りにくいのでなかなか手が出ないでいました。

今回生魚も少なかったので思い切って仕入れてみました。

リッキー

売れるかな? でもおいしいし大丈夫でしょう! 好きな人は絶対買ってくれるはず!

このホッキガイ東京にいたときや北海道にいったときに食べる機会があったのですが、とてもおいしい貝だと思いました。

個人的には貝のおいしさランクでいったらトップ3に入ると思います。

北陸で有名なバイ貝のお刺身と同じかそれ以上のおいしさではないでしょうか。

今回このホッキガイを詳しく見てみましょう。

Sponsored Links

ホッキガイ()の基本情報

分類 二枚貝網マルスダレガイ目バカガイ科ウバガ属                
名称ホッキガイ
別名・地方名北寄貝、標準和名はウバガイ
英語名Hen-clam
学名Pseudocardium sachalinense(Schrenck,1862)
分布海水生 鹿島灘以北 オホーツク海の浅い砂地
備考・ウバガイという言い方は流通上しない
・カレーの具材となったりもする。

ホッキガイ(北寄貝)はどんな魚?

北の海に棲む貝です

小さい時は殻の色が茶色とのこと。

鮮度のいいものは水管が伸びてよく動くのですぐわかります。

ホッキガイの刺身は北海道にいくと人気メニューの一つ。

殻付きで盛り付けられると結構テンション上がります。

本当の生の状態ではなんともいえない色をしているのでおいしそうに見えないかな。

カナダ産ホッキガイ

写真は生の国産ホッキガイですがスーパーなどでは冷凍解凍のカナダ産のボイルものが売られることが多いです。

既にボイルしているので鮮やかな赤い色をしています。

既にボイルしてあるのでそのまま食べれられます。

回転寿司でもお馴染みですね。

国産のほっきがいはここまで赤くなりません。薄いピンクになるくらいです。

ホッキガイ(北寄貝)のおいしい食べ方は?

やはり刺身がおいしいですが、少しボイルした方が甘みがでておいしく感じます。

刺身以外では食べたことがないですがおそらく煮付けや吸い物にしてもおいしいと思います。

リッキー

ちょっとボイルして氷水で冷やしてから食べるとよりおいしいと思います!

ホッキガイ(北寄貝)のお刺身

北海道にいったときに出てきたホッキガイ(北寄貝)のお刺身です。

ちょっと画像が悪いですがさすがにおいしかったです。

国産の生のホッキガイ(北寄貝)が手に入らない方はカナダのホッキガイ(北寄貝)で刺身で食べられます。既にボイルされています。

わさび醤油が相性いいですね。

お値段もそんなに高くないので買いやすいです。

正直にいって生と比べると旨味風味は薄いと思います。

なので、海鮮サラダやカルパッチョなどでドレッシングをたっぷりかけて食べる方が良いと思います。

マヨネーズともとても相性いいです。

鮮やかな色めとかすかに薫るホッキガイの風味を楽しむ感じです。

ホッキサラダ

生珍味にホッキサラダという商品があります。

実際にこのカナダ産のホッキガイ(北寄貝)を細かく切ったものが入っていて結構おいしいので私もよく食べます。

最近はこのホッキガイの入っている割合が少なくなっています。原料が値上がりしてたりするのでしょうがないのかなと思いながら見ています。

ホッキサラダといえずにホッキ風サラダと言わないといけないとメーカーの人が言っていたのが印象的でした。

どうやって買う?

北の方のスーパーや市場風店舗には普通に置いてあると思います。

それ以外の土地では市場風店舗か鮮魚が強いスーパーくらいしかないでしょう。

売っている店を見つけて鮮度よければ即買いですね。

どうやって売る?

対面に海水に入れたまま販売したら良いと思います。

バラ売りでしょうね。

北海道以外の土地の方もぜひチャレンジしてほしいです。

「他の土地でおいしくたべられる魚介類は自分たちの地域でも売れるはず」の方程式は絶対当てはまると思います。

こういう認知度は高いが原体を見慣れない貝は必ず固定のファンがついてくれるはずです。

この貝なに?ではじまるコミュニケーションも非常に重要だと思います。

実力のある貝はそうやってチャレンジしたいものです。

あとはお値段ですがどうなんでしょう?

仕入れ価格K1,000以下ならなんとかなるんではないでしょうか?

結構生命力強そうなので海水の入った水槽にポンプを入れればしばらく持ちそうです。

最後に

ホッキガイ(北寄貝)は地域性の高い貝です

しかしながら一般の方でもそのおいしさを知っている人は多いと思います。

産地以外でこういう貝が売れるようになるとその店は相当力ついたということです。

そのためにも全国各地のおいしいものをいろんなところに行って食べることが大事です。

「他の土地でおいしくたべられる魚介類は自分たちの地域でも売れるはず」の方程式は結構使えますよ!

参考サイト ぼうずコンニャク市場魚貝類図鑑

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA