\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

鮮魚で売る二枚貝特集 それぞれの特徴を押さえて売上UP!




みなさん、こんにちは。

お魚売れていますか?

その中でも貝類の動きはどうでしょうか?

貝といえば春先が一番入荷量も多いですし、需要も高いと思います。

GW終わった頃は売れる売れないの前に品質をしっかり注意しながら販売していかないといけない時期になります。

アサリでいえば貝毒が発生しやすい時期だったり、ノロウィルスの猛威も今頃が一番強い時期でもあるからです。

そんな二枚貝も小売りする立場からいうとやはり非常に大事です。

なので、今回はその二枚貝の売り方について少し解説してみたいと思います。

この辺はもうみなさんもお分かりなところかもしれませんので確認の意味でご覧いただけたらいいのかなと思います。

Sponsored Links

二枚貝の特徴と分類

二枚貝はその用途によって加熱用、生食用、その両方兼ねているもの3種類に分けて考えるのがまずわかりやすいかと思います。

二枚貝の用途による分け方

◇加熱用

代表的なものはアサリ、シジミ、ハマグリ貝などです。

他にはスダレガイ、アオサなどもあります。

◇生食用

代表的なものはアカガイ、トリガイ、ホッキガイなどです。

他には

◇加熱・生食兼用

代表的なものはホタテ、カキ貝などです。

他にはアオヤギ、月日貝、

二枚貝で取り扱い難しいのはノロウィルスを保有している可能性があるということです。

水はじきなど特に加熱する二枚貝は注意が必要です。

刺身を作る上で特に気をつけなければならない3つの食中毒【魚屋編】

加熱用にする二枚貝

基本的に料理はお汁、酒蒸しになります。

代表的な3種類について、

売上順は次のようになります。

アサリ > シジミ > ハマグリになります。

生命力の強さでいうと

ハマグリ > シジミ > アサリになります。

それぞれ見ていきましょう。

アサリ

言葉でいうとアサリは売れるけれど品質管理がむずかしくクレームが多いということです。

苦情・お申し出の件数は圧倒的に多いのがアサリです。

対応の仕方については下の記事をご参照ください。

繁盛鮮魚店のつくり方!第2弾〜顧客に替わるクレーム対応法 

シジミ

シジミは安定して売れますが、売場に出す前に最低30分は砂抜きをしないと売りが伸び悩むでしょう。

その時にサッと洗うと思いますがこんな現象も起こったりします。

下の記事でご確認ください。

しじみの砂抜きの後洗ったら黒いカスが浮いてきたのはなに?

ハマグリ

ハマグリはひな祭りの時はそれなりに売れますがそれ以外の品揃えはどうでしょう。

あった方がいいですが国産は高いので中国産が売れるようなら置くという感じなると思います。

その他の加熱用貝

スダレガイ

いつもアサリとシジミだけでは飽きてしまいますのでたまに変わった貝を置くというのもいいでしょう。

置くポイントはその土地ではあまり置いてないが他の土地でよく売れている貝は狙い目です。

リッキーもたまたま市場で見つけて販売したスダレガイという貝は金沢ではあまり馴染みなですが非常においしいと評判でした。リピーターがついてくれているようです。

食わず嫌いではなく他の土地でおいしく食べられている貝はどんどんチャレンジしたらいいと思います。

マンネリが一番こわいですから。

生食用にする二枚貝

やはり貝の刺身のおいしさは格別です。

春先、そして夏になるとまたおいしく感じられるものです。

ただし、食中毒のリスク管理だけはしっかりしていきましょう。

アカガイ

アカガイは身もおいしいですがヒモのとてもおいしくそれだけで流通していたりします。

韓国産の身抜きされたものが市場に出回るのでそれを使うことが多いと思います。鮮度いいものを見極めて売りたいと思います。

殻付きも韓国産が多いですがそれはそれでたまに対面などに置いておくと業者の人が買っていってくれるので取り組みたいものです。

なお、赤貝の身はメンコのようにまな板に叩きつけてから刺身にすると鮮度感でて売りやすくなると思います。

赤貝の刺身を美味しくする方法「秘技メンコ打ち」 7月の魚介類

トリガイ

能登では5月の中旬にトリガイの解禁日をむかえます。

トリガイ過去最低11キロ 七尾湾で解禁「いい値段」

このトリガイも身抜きにされて流通することが多いです。

まあ、生のものはやはりおいしいですが最近はなかなか出回らないので解凍された身抜きを使うことがあります。

殻付きは近年不漁です。

加熱・生食両方する二枚貝

貝柱や身を刺身で食べますがバター焼きやフライで使われたりしておいしい貝達です

ホタテガイ

やはり、このホタテガイは人気おいしさともに実力No.1でしょう。

身抜きは独立した加工商品になるので鮮魚のここでは割愛させていただきます。

殻付きホタテは定期的に取り扱いたいものです。

鮮魚対面コーナーでバラ売りというのが理想です。

もしパックするなら片貝を外して、少しヒモの裏の汚れなどを洗ってキレイにしてから盛り付けると売りやすいと思います。バターをつけてもいいとおもいます。

2,3月にホタテの稚貝が流通しますがこれはお汁や酒蒸しで加熱用と考えた方がいいでしょう。

カキガイ

冬はマガキで鍋やバター焼きなどにしますが、夏は岩ガキを生食用で利用されます。

リッキー個人的には夏の岩ガキを食べたいですが、会社的には生のカキ食べてはいけないことになっています。

Sponsored Links

まとめ

二枚貝としては年間通して圧倒的に売上あるのはアサリだと思います。

冬場のカキも需要は多いですが期間は限られています。

いずれも対面皿盛りが一番売れる手段であるのは頭に入れておきたいです。

あとパックをするときはパックに穴を開けておかないと貝はすぐ死んでしまいます。ご注意ください。

今回はお店小売りの立場で二枚貝を見てきました。

まだまだ、種類はありますのでどんどんチャレンジしていただきたいと思います。

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA