>> よく読まれている記事はこちら
a

シジミ 赤だしの味噌汁が絶品!佃煮もおいしい二枚貝

しじみといえばやっぱり味噌汁がおいしいですね。

個人的にはしじみ汁は赤出汁ですね。

リッキー

ツヤツヤで真っ黒な貝がいいとされています。

しじみは淡水の貝で産地は島根県の宍道湖(しんじこ)、青森の十三湖が有名です。

Sponsored Links

シジミはどんな貝?

日本古来からの種としては、

  1. ヤマトシジミ ・・・ 汽水域に住むシジミ
  2. マシジミ ・・・ 淡水シジミ
  3. セタシジミ ・・・ 琵琶湖固有の種
  4. タイワンシジミ ・・・ 外来種。

土用しじみ

夏の土用の丑の日にこのしじみが土用しじみとして拡販されます。

もちろん土用の丑の日はうなぎがメインになりますがこの土用しじみの存在も大きい物です。

どこのスーパーでもチラシに載せられたりします。

なぜ土用しじみがおいしいかというと、

しじみは夏に産卵を控え栄養が蓄えられることからです。

寒しじみ

大寒に寒祭りセールをする店は寒しじみとして提案する。

黒の日アイテム

しじみは9月6日など黒の日に黒い商品の一つとして拡販されます。

殻が黒いからです。

なにげにチラシなどに載る機会が多い貝です。

シジミは栄養素豊富!

シジミの栄養素は豊富です。

特にシジミはアミノ酸が豊富です。

オルニチン

シジミに多く含まれるアミノ酸の一種オルニチンがアンモニアを尿素に変えてくれるので二日酔いに効くといわれるのです。肝臓の働きを助けてくれます。

タウリン

また、これもアミノ酸の一種タウリンも豊富です。水溶性で疲労回復に役立つといわれています。

コハク酸

コハク酸も豊富に含まれています。これは旨味を出すだけでなくコレステロールを改善する作用もあるといわれています。

ビタミンE

抗酸化作用のあるビタミンEも含んでいます。老化予防に作用します。

ミネラル

カルシウム、鉄分などのミネラルも豊富で非常に栄養素の高い貝と言われています。

イライラ防止をしてくれたりします。

Wのオルニチン

おいしい食べ方は?

なんといっても赤だしのシジミの味噌汁はおいしいです。

佃煮にもされますがその時は粒の大きいサイズを選ぶことになります。

既製品はほどんど中国産です。

どうやって買う?

年中定番で売られてる。

あまり品種を特定して売られることはない

パックになっていることが多い。

近年値上がりして100gあたり158〜198円くらいで売られている。

殻が剥がれているものが多い。

冷凍物で販売されることもある。

冷凍でヤマトシジミをうたっているものがある。

バクダンと呼ばれるシジミがある。

これは殻の中に砂が入っているものをいう。

まれに身がなく砂ばかり入っているもので外からは見分けがつかないのでバクダンといわれる。

このようなものは交換か返金してもらえる。

買ったらしばらくボウルに入れた水の中で砂抜きをする。

アサリでもあります。

ネットで買えるしじみ関連商品

オススメはコレ!

実際のお店でもよく売れている商品です!

しじみ味噌汁 8袋入

どうやって売る?

仕入れたらすぐにボールかバケツに水を張って砂抜きが必要です。

3時間は最低したい。

もちろん定番で扱います。

たまに特売を入れるとよい。

土用の丑の日や9月6日の黒の日、寒祭りなどのイベント時はしっかり販促をかける

そもそも殻が剥がれているものはあまり仕入れないほうがよい。

ただ、選択肢がない場合もあるのでその時は早めに売ってしまう。

Sponsored Links

シジミの殻が剥がれて洗っても洗っても出てくる

シジミは軽く洗って使うがこの時に黒いものが洗っても洗っても出てくることがある。

殻の表面のエナメル質が剥がれてくるのが原因だがキリがないので軽く洗う程度にしておく。

歯を構成するエナメル質なので食べても無害です。

シジミの基本情報

分類 二枚貝網異歯亜網シジミ科              
名称シジミ
別名・地方名
英語名basket clams
学名Cyrenidae(J.E.Grey,1847)
分布淡水 湖
備考・栄養素豊富
Sponsored Links

最後に

ツヤツヤした黒々した粒のシジミがいいですね。

大事にしたい二枚貝です。

参考サイト ウキペディア シジミ

<終わり>

トップページへ



2件のコメント

shiyukiさんコメントありがとうございます。
ご指摘の点確かに間違いでしたので訂正させていただきました。
ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA