速報!石川発!クスリ屋さんが生鮮スーパーを買っちゃった話!







クスリのアオキHD、石川のスーパー買収 鮮魚を強化

日本経済新聞電子版6月4日付より

先ほどこのような見出しの記事が速報で入ってきました。

その内容に耳を疑いました!

クスリのアオキホールディングス(HD)は4日、食品スーパー運営のナルックス(金沢市)を買収すると発表した。30日付で株式の90%を取得する。北陸ではスギ薬局やコスモス薬品などの競合企業が店舗網を拡大している。ナルックスが持つ鮮魚を中心とした生鮮分野のノウハウを取りいれて競争力を高める。

日本経済新聞電子版6月4日付より

石川県出身の企業で北陸を中心として全国展開しているクスリのアオキ(東証1部上場)がローカルの生鮮スーパー「ナルックス」を買収したとのことです。

ナルックスは金沢市内に5店のスーパーを運営している。2019年5月期の売上高は48億円。

日本経済新聞電子版6月4日付より

鮮魚が強いスーパーですが近年は人員不足と競合の出店に押されて元気がなかった「ナルックス」。

もちろん社長もバイヤーも知っている方ですが、このニュースには非常に驚きました。まさに寝耳に水でした。

確かにここ数年の人員不足もあって思ったようなオペレーションはできてない感じでしたが、もともと地元密着型のスーパーで商品力はある魅力的な企業でした。

そんな企業さんがクスリ屋さんに買収というニュースは正直とてもショックです。

でも、記事内容を見ると、

ナルックスの買収によって鮮魚の仕入れや鮮度管理などのノウハウを取りこむ。まず、福井県の大型店にナルックスが鮮魚テナントを出す。他店でも鮮魚の取り扱いを増やす方針だ。

日本経済新聞電子版6月4日付より

ということで「ナルックス」にとっては悪い話ではないようです。

ただ、このニュースの本質は、

クスリ屋さんが全国展開する過程で生鮮の必要性を認め、鮮魚の強いローカルスーパーマーケットの長年培ってきた販売技術=ノウハウを評価し、自社の戦略に取り入れた。

というところだと思います。

もともとクスリのアオキは既存の店では「インサイト」という富山のテナントで展開していたはずなので、そことの関係などこれからの流れも含め気になるところです。

いずれにせよ、この話題はこれから北陸地方では台風の目になりそうです。

ちなみに今日のクスリのアオキHDの株価は9,070円(+170) 19:45現在のPTSは売買まだ…成立していないようです。

東証1部上場企業の株価に影響するレベルの話題ではないのかな。

私個人的に「物事を判断する上で市場の評価=株価が情報としての精度が高い」と信じていますのでしばらく株価の様子を注視していきたいと思います。

参考記事 自分でさばいて刺身にしたい北陸の魚7選 5月下旬編

参考記事 なぜコープおおぬかの魚が絶大に支持されてこれだけ近隣の人たちを惹きつけるのか?魚が売れるのにはわけがある!

参考記事 刺身にできる5つの条件自分で魚をさばくとき

参考記事 魚をさばく主婦にオススメな包丁がこれ!使いやすくて重くない洋包丁「藤寅作」

参考記事 正しい包丁の研ぎ方を教えて下さい キッチン編







人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA