\\ 最近よく読まれている記事はこちら! //

たら白子の旬はいつ?真鱈白子の天ぷら・酢の物が美味しい!




真だらの白子は本当に美味しいですね。

特にたら白子の酢の物、たら白子の天ぷらは絶品です。

冬になるとこれらを食べるのが本当に楽しみです。

でも、たら白子の本当に美味しい時期っていつでしょうか?

リッキー

白子で食べられるのは真だらの白子です!

冬というのはわかりますがもう少し詳しく知りたいですね。

Sponsored Links

真だらはどんな魚?

寒い海域にいる魚です。

もともと鱈(たら)には大きく分けて2種類あります。

マダラ(真鱈)とスケソウダラ(助惣鱈、助宗鱈)です。

真だらは大型のたらで、スケソウダラは真だらほど大きくなりません。

見た目も似ていますがよくみると体型や模様が違っているので区別しやすいでしょう。

地域によってもマダラが食べられるところとスケソウダラが食べられるところ変わってくるようです。

マダラ(真だら)

一般的には真だらの方が品質がよいといわれ、市場でも高価で取引されるのはこの真だらです。

リッキーのいる金沢石川では真だらが中心になります。

鍋や煮付け、昆布〆でたべます。

1尾3,000円超えることもありますが、食べるものにお金を惜しまない土地柄なのである程度高くなっても買われます。

白子の酢の物などに使われるのは真鱈です。

スケソウダラ(助惣鱈、助宗鱈)

それに対して富山、新潟にいくとスケソウダラが主流になります。

この地域はどちらかというと普段の食べるものは質素にという意識が強いので高い食材にはお金を出しません。

ただし晴れの日は豪華にお金かけます。

スケソウダラは水揚げが比較的多いのでお値段も安くなります。

なのでこれらの地域ではスケソウダラがよく食べられます。

鍋や煮付け、そしてお汁にすることが多いです。

スケソウダラにはシラミのような虫が多かったりするので基本加熱用です。

棒鱈

年末の棒鱈煮で使う鱈も真鱈とスケソウでそれぞれ作られます。

やはり真鱈の棒鱈は値段がすごく高いです。

お買い得な棒鱈はスケソウダラを原料にする場合が多いです。

真だらの旬

以下真鱈を中心に説明していきます。

真鱈の旬は地域によって違います。

年内というか11〜12月にたくさんとれるのが北海道、東北の真だらです。

年明けてから1〜2月に能登方面の真鱈の水揚げが多くなります。

真だら白子の成熟度

先ほども述べましたように生食で食べられる白子は真鱈の精巣です。

真鱈の白子はクリーム色になるとおいしくなったサインです。

赤味ががった白子はまだ成熟していないということで加熱用で使われます。

だいたい早い時期11月頃のものは赤くなったりしています。

赤いときは生食用にできないことはないでしょうが美味しくもないので生食しません。

まだ若いという言い方をします。

リッキー

生食できるできないは白子の色や張りで判断します。

終わりは毎年だいたい2月いっぱいです。

タラ(親)のお腹が空っぽになっていきます。

リッキー3月の第1週に白子のチラシを入れてたことありましたがやはりお詫びになってしまいました。

最近の回転寿司では夏場も白子軍艦でてますがどんなものを使っているんでしょうか?

アラスカの解凍物?白子の解凍?

まあ、まったく別物と考えた方がいいかもしれません。

たら白子のおいしい料理

真鱈の白子は生食もできるのでいろんな料理に使えます。

代表的なものを見ていきましょう。

白子の酢の物

白子の一番美味しい食べ方はやっぱり「白子の酢の物」でしょう。

甘酢と白子の濃厚なコクが相まってたまらなくおいしいものです。

白子の天ぷら

その白子の酢の物とおいしさの双璧をなすのが「白子の天ぷら」です。

つゆで食べてもおいしいでしょうが、藻塩などをつけて食べるのも単純に旨い!と思います。

季節の野菜をつけ合わせて盛り付けするとうれしいですね。

時期的には加賀れんこんになりますか。

真だら白子どうやって買う?

年内は青森産などの東北方面のものがおすすめです。

能登沖でとれるものは年明け1月に入ってからです。

対面販売しているところで1尾丸ごと買うのがおすすめです。

白子だら(オス)は大きさ時期にもよりますが大体3,500円前後が相場。

真子だら(メス)は2,000円強くらいのイメージです。

ただ、量が多くなるので肩身売りしているところがあるといいですね。

1尾売りしているところも早い時間なら肩身にしてくれはずです。

ダメもとで聞いてみてください。

白子だけで売っているものもありますが、できるだけタラの身から出たものを使いましょう。

身も一緒についてきますが昆布と一緒に煮付けにすればそれはそれでおいしいと思います。

生食用の白子もツヤツヤしたものを選ぶようにしましょう。

真だら白子どうやって売る?

生食用の白子だけというのが市場に流通しています。

身がいらないという店や飲食関係の店はこういうのを使います。

ちょっと高くついて鮮度もイマイチなので選択肢がない場合のみの対応と考えた方が良さそうです。

地域的にはやむを得ないといえます。

魚屋産や地元のスーパーなどでは基本たらの一本物から出てきたものだけを生食用にすることが多いです。

たらの中から出した生食用の白子しか使わないという人も多いです。

鮮度が違うのでやはり丸物の中から出てものを優先的に使う方が良いでしょう。

Sponsored Links

最後に

白子の旬は東方方面のものは年内11〜12月ですし、年明けは能登ものが美味しいと思います。

とはいっても最近では回転寿司などで年間通して生食用の白子食べれるのでビックリします

冷凍したものを使っているのででしょうか?

白子は冷凍できないと思っていたので正直すごいなと思っています。

今日わかったこと
  1. 生食する白子は真鱈の白子を使う。
  2. 年内は三陸北海道産がおすすめ。
  3. 年明けは能登沖のものがおすすめ。

いずれにしても白子の酢の物早く食べたいです!

白子の酢の物の作り方は次回紹介しますね。ちょっとコツというかおいしく見せる技があるので楽しみにしていてください。

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA