>> まずは読んでほしい記事がこちら ここをクリック! 

刺身盛合せが食べきれず残ったら 無駄なく有効活用!【主婦必見】




みなさん、こんにちは。刺身研究家のリッキーです。

今回は特に多い質問事項です。

刺身が残ってしまいました。捨てるのはもったいないです。次の日食べるにはどうした良いですか?

「宴会の後にどうしてもお刺身盛合せが残るのよ!」とか、「一人暮らしをしていて刺身を買うんだけどいつも全部たべきれなくて…。」

とお悩みを持つ方も多いようです。

今回はこの質問に答えたいと思います。

Sponsored Links

刺身が残ったらどうする?

みなさん、刺身が残ったらどうされてますか?

捨ててしまう人が多いと思います。

それはそれでなんかもったいないですよね。

そうでなければしょうがなく次の日刺身を味噌汁の具にしたり、揚げてみたりしていろいろ工夫はされているのかと思います。

ベテラン主婦になると次の日まで刺身として残したりする人もいるかと思います。

結構強者ですね。

食卓に出す前に少し取り分けて冷蔵庫に入れているのであれ次の日でも食べれないことはないですが…。

時期にもよりますが長い間食卓に乗せておいたのであれば次の日刺身で食べるのはやっぱり避けた方がいいともいます。

ただ、どうしても次の日も刺身で食べたいという方は次のやり方をしてみてはいかがでしょうか?

刺身が残ったら昆布締めにするのがオススメ!

そんなときは昆布締めにしておくことがオススメです!

これなら刺身感覚で残すことが可能です。

まあ、確かに刺身の状態ではやはり1日しか持ちません。

残念ですが刺身で食べるのは色変わりや菌の問題もあるのでここでは諦めた方がいいでしょう。

しかしながらちょっと一手間かかりますが昆布締めにしておくというのはどうでしょう。

昆布締めにおけば刺身に近い状態で残せます。

これは大きなメリットです。

しかも場合によっては普通の刺身より美味しくなるということもあるのです。

昆布のグルタミン酸がいい仕事してくれるというわけです。

また、昆布締めの場合、昆布を酢で拭という工程があります。

ここで使う酢に殺菌効果があります。しっかり酢を使うと安心ですね。

どんな刺身が昆布締めにできるのか?

では残った刺身を昆布締めにできるとしてどんな魚が昆布締めにできるのでしょう?

基本タイやヒラメなどの白身のお魚です。

エビやイカ、たこなども使えます。

あとはサーモン、貝類なども昆布締めにできます。

もちろん常温に長時間おいたものはやめてくださいね。

また、ぶりやアジなどの青魚系の魚は色が変わるのでその日限りで食べた方がいいでしょう。

カンパチは通常なら大丈夫です。

Sponsored Links

最後に

ちょっと気が楽になりましたね。

刺身の盛合せもたくさん残っちゃうととても残念なものです。

もったいないですよね。

捨ててしまう前に昆布締めにしてみてください。

逆に刺身よりおいしくなりますよ! 

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

<終わり>

トップページへ






網走水産


人気No.1の記事はこれ!

「釣魚持込スーパーの魚屋さんでさばいてほしい!衝撃の事実大公開」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA