>> よく読まれている記事はこちら
a

カレイのウロコ取りにオススメ!【頑固たわし】作業負担軽減絶大効果あり!

魚屋のみなさん、いつもお仕事ご苦労様です!

お魚調理してますか!

魚調理で大変といえばウロコ取りですね。

無数のウロコを丁寧にとる作業はたくさんあると本当に大変なものです。

腱鞘炎になる人もいたりしてできるだけ作業の負担を減らせたらと思うものです。

今回はそのウロコとりが楽になる便利商品の紹介です。

その商品は、このたわしです。

頑固たわし

このたわしがメチャクチャウロコ取り作業を楽にしてくれるのです。

Sponsored Links

昔はウロコ引きか包丁でウロコを取っていた

昔は全ての魚のウロコをウロコ引きか包丁で取っていました。

タイやハチメ(メバル・カサゴ類)、カレイ、ブリなど普通にウロコ引きでウロコを取っていました。

青魚についてもアジやイワシなど既にウロコが取れているものもありますが鮮度のいいものなどはウロコがついていたりするのやはり包丁で取ったりしいました。

ウロコ引き1本でほとんど全魚種のウロコを引いていたわけです。

一部魚屋さんで金たわしを使うところが出てきた

ところが途中一部の魚屋さんでウロコを金たわしを使って取る魚屋が出てきました。

当時魚のウロコはウロコ引きで取るものだと思っていた私からするとその金たわしで取るやり方は非常に違和感がありました。

同時にビックリしたのを覚えています。

魚のウロコはウロコ取り、ウロコ引きで取るものだと教えられていたのでそんなやり方は邪道だとさえ思っていました。

当時はまだ異物混入という問題は顕在化してなかったので純粋に昔ながらのやり方と違う点に抵抗感があったのだと思います。

確かにウロコの大きなタイなどの鱗を落とすときはヘッドが真鍮でできたウロコ引きでないと都合悪いと思います。

しかしカレイなどのウロコの細かい魚であれば金たわしを使っても使えないことはないということです。

で、実際やってみるととても楽で便利だということがわかりました。

包丁やウロコ取りでやると何回も手を動かさないといけないのに対し、この金たわしは数こすりするだけでキレイにウロコが取れたのです。

そういうこともあってカレイのウロコなどは金たわしで落とすという魚屋さんが徐々に増えていったと思います。

金たわしは今の魚屋ではバックヤードにすら持って入れない

ところがあるとき異物混入の事件が社会問題となって破片が分離して商品に混入しかねない金たわしは使用禁止にされてしまいました。

金たわしこそが異物混入の申し子のような扱いがなされたのです。

今でも厳しいところは金たわしをバックヤード作業場に持ち込むことすら禁止にしているところも多いです。

それだけ大きな問題だったわけです。

そうするとまたカレイのウロコとりを包丁またはウロコ取りでするしかなくなりました。

また悪夢の時代に戻ったのです。

ウロコ取り作業が再び大変になっていったのです。

キラ星の如く登場 〜頑固たわし

そんなこんなしているうちに金でないたわしでカレイのウロコを取っている店が出始めたという情報が業界で伝わってきました。

といってもその当時はどんなたわしか分からなかったです。

ちなみに後でわかったのがこのたわしです。

この頑固たわしはちぎれることがないので異物混入の問題も発生し得ないのでとても安全ということです。

値段も高くないので非常に有用なツールです。

使ってみると非常に使い心地がよくウロコも一気に取り除けるのが非常にいいです。

ただ、これは魚のウロコ用とは一切書いてありません。

魚屋の知っている人だけが使うツール

パッケージには頑固な汚れ落としとかコゲ落としとしか書いてないです。

見た目もウロコとりを連想させるものは一切ありません。

むしろ工業用の商品という感じです。

まさか魚に使えると思う人がほとんどいないと思います。

ウロコ落としウロコ引きを探していてこの商品にたどり着く可能性は非常に低いと言えるでしょう。

なので知る人ぞ知る便利アイテムということです。

ただ最近では認知度が高まっているようなので取引している資材会社からの提案が出てきているかもしれません。

Sponsored Links

この頑固たわしがどれだけメリットあるのか?

ではこの頑固たわしどういうメリットがあるのでしょうか?

ウロコ取り作業がかなり軽減される

まず、手を動かす回数の圧倒的に減るので作業自体が楽になります。

特に使い初めは頑固たわしの面も広いので広範囲のウロコが一気にとれるという利点があります。

包丁でウロコを落とす場合1尾あたり細かい動きを60回くらいしないといけないのに対して、この頑固たわしだと20回くらいで済んでしまうというイメージです。

三分の一ですね。

ウロコ引きだと細かいところまで取りにくいので結局ウロコ引きの当たらないところは包丁を使わないといけないということです。

なんといってもコストパフォーマンがいい

価格自体非常に安価なものです。

それでいて作業効率がいいのでコストパフォーマンスは相当いいでしょう。

異物混入の危険がほとんどない

金属でないので腐食するということありません。

素材の強度もあるので異物混入の危険は皆無といっていいくらいです。

耐久性がある

実際使ってみると毎日使っても半年は使えるイメージです。

ヘタしたら1年は楽に使えるんではないかくらいの勢いです。

実際使ってみての感想です。

頑固たわしのデメリット

基本的に問題はないと思っています。

強いて挙げるとしたら、ウロコが繊維に絡み付いて完全に除去しにくいという点です。

ただ、しっかり時間をかけて洗えばある程度キレイになるので問題はそれほど深刻ではないと思います。

あとは、対面など見えるところで使うとお客さんが違和感を感じるかもしれません。

お客さんは普通はウロコ引きを使うか包丁でやっていると思っている人が多いので対面などお客さんから見えるところで使うと苦情が来る可能性もあると思います。

Sponsored Links

まとめ

魚屋の作業は無数にあるので負担をできるだけ減らす思考が非樹に大事なところです。

この頑固たわしを使い始めて調理時間がかなり短縮されたと認識しています。

試しに使ってみてはいかがでしょうか?

結構使える便利ツールと言えるでしょう。

ウロコ引き作業が楽になったらいいですね!

クリックして見てみよう!

<終わり>

トップページへ






注目の記事はこれ!
RIZAP COOK徹底検証

本気で魚料理を覚えたい人必見!

あの結果にコミットのRIZAP(ライザップ)がクッキングスクールを開校! 一般の主婦にオススメなのか?魚捌きのプロがそのプログラム内容を徹底検証しました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA